フォト

最近のトラックバック

« 「自尊心」を育てるワーク | トップページ | そろそろ、夏の準備です »

ハーブガーデン

ハーブガーデン…。

とってもステキな響き。

お庭にそんなステキなエリアがあったらどんなに美しく心癒されるか…。

うちにも「ハーブ」がいっぱい育っていますが、そんな美しいものではなく、「自生する植物のパワー」を存分に生かしたお庭になっています。
そう、お分かりのことと思いますが、もはや雑草園のごとく、伸び放題、荒れ放題

理想のお庭のイメージはあるものの、それには必ず「念入りなお手入れが出来るマメな性格と、愛情を注ぐ暖かい心」が必要なのであります。
私には、あいにくどちらにも欠けている様で(それで、アロマ&ハーブのセラピストかい!!…と自分で突っ込んでます)

こんな我が家にも、今はローズマリー&ミントの自生群が…。あまりにもいい香りなので、ハーブティの中に香りづけとして、何枚かこのフレッシュハーブを入れて飲んでみました

園芸種なので、「ハーブティ」として飲むときに、効能はほとんど期待できないのですが、香り立ちはさすがにフレッシュ♪
スッキリ感がアップしました。

ハーブのレッスンや、ショートコースでの説明をしていると、その効果効能に惹かれて「じゃぁ、お庭で育ててみよう」とおっしゃる方がいます。
でも、残念ながら「薬用」として、そのハーブの持つパワーを最大限に引き出す方法で栽培しているものと、「園芸種」として、お庭で楽しむものでは、品種も違うし、土壌、環境などが違ってくるので、効果効能の恩恵をこうむることは難しいのです。

昨年、プロヴァンス地方を訪ね、ハーブの栽培されている畑を多数見学して、その違いを肌で感じてきました。

なので、ご自宅で栽培されているものは、「香り&味を楽しむ」嗅覚&味覚のリフレッシュとして使ってみるといいと思います。
やっぱり「生」は、「生」で存分に生かしたい魅力がありますから。

« 「自尊心」を育てるワーク | トップページ | そろそろ、夏の準備です »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ハーブガーデン:

« 「自尊心」を育てるワーク | トップページ | そろそろ、夏の準備です »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

他のアカウント

無料ブログはココログ