フォト

最近のトラックバック

« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »

2009年6月

植物のパワー

今日から、フィトテラピー初級コースが始まりました。
サロンオープンしてから、連続のコースは初めての開催。

前に働いていたサロンでは、何度かコースは開催しているけれど、「フィトテラピー」は、今回が初めて。

フィトテラピー、聞きなれない言葉ですよね。
日本語では、植物療法と訳します。
植物の有用成分を「美」と「健康」の維持に役立てるのが主旨。

私は、カラーセラピーからこの業界に入ったのですが、カラーでは、その方の心理状態を見ていくのですが、心のワークって、身体が健康ではいと、先へは進まないということがわかったんです。

なので、まず健康な身体作りをすることから始めていくのが、自分の人生を輝かせる第一歩だと考えいます。

そんな訳で、今回から「フィトテラピー」の講座を始めました。

その中で私がいつもお伝えするのが、植物のパワー。
当たり前のことですが、植物はいったん根を下ろしたら、その生涯をその地点でしか過ごすことが出来ません。
なので、その環境の中で生き抜く力を蓄えます。

例えば、アスファルトの下に根を張ってしまった場合、アスファルト切れ目を探したの?という感じで、わずかな隙間から芽を出す植物。
すごいパワーだと思いませんか

人間は、移動が出来ますから、生まれた瞬間から死ぬまでの間、同じ場所で過ごすということは、ほとんどないと思われます。
雨が降ったら、屋根のあるところへ。寒くなったら日の当たるところ、暖の取れるところへ移動

それが出来ない植物は、根性を据えて、自分がその場で生き抜く力を自分自身の中に蓄えていきます。
成長、活性、浄化、解毒、すべての作用を身につける。
人間には出来ない生き方。

私も、植物のような「生き抜く力」を蓄えたい。
そう思いながら、お庭で健気に咲いているお花を眺める今日この頃です

真剣に体質改善

食べたいものは、食べたいっ
どうも、私の感触だと最近アレルギー反応を起こす食材が増えているような

今年になって、「びわ」が発覚し、「セロリ」もどうも微妙な位置取りに。
そして、先日の「豆乳」または、「青汁」という容疑者2名。

青汁はまだしも、好きなものが食べられなくなっていくのは、絶対にやだっ
ってことで、昨日から始めましたよ、「体質改善ハーブテイ

今回の主役のハーブは、「西洋イラクサ」
まさに、あなたに全権委任します状態です。
アレルギー体質の改善には、イチオシのハーブです。

今回は、デトックスもちゃっかり兼ねて、
◆西洋イラクサ
◆アーティチョーク
◆スギナ
◆オリーブ
◆野生オレンジ

この5つをブレンド。
オレンジは、苦さを安定させるために入れてるので、もしかしたら変えるかもしれないけれど、これで、とりあえず2~3ヶ月飲んでみます。

今のところ「スイカ」は大丈夫だけれど、スイカまでアレルギーが出ちゃったら、夏のお楽しみがないじゃん

なので、本気で頑張ります。

そのほか、何とかフルーツアレルギーを改善したいので、色々ググッて、みなさんの意見を探し回ってこようと思います。

アレルギーとの戦い

今日は、身体にいいかも…と、思い「豆乳青汁」を飲んでみることに。
フィトテラピーの先生が推奨する「青汁」
すごくこだわって作っているので、他の「青汁」とは一線を画するものとの評判の「青汁」
でも、青汁まずいんだよなぁと躊躇していたけれど、ひょんなきっかけで飲まなくてはいけないことに。
さぞやすばらしい効果が期待できるか…と勇んで飲んでみる。

豆乳と混ぜたけれど、「豆乳」の味しかせずに、「青汁」の飲みにくさは一切なし。
ほとんど味を感じずに、ほとんど一気飲みに近いハイペースで飲みきる。

うん、いい感じ
これなら、毎日飲めるかも

…と、思えたのは、最初の5分のみ

この後、舌がピリピリとしびれてきて、喉は「桃」を食べた時と同じようなイガイガ状態

あぁぁぁ~
恐怖のアレルギー症状が
しかも、舌のしびれと、喉のイガイガの二重攻撃

豆乳、青汁…どっちが犯人
今まで、大豆にはアレルギーがなかったので、おそらく犯人は「青汁」と予測してみる。

だけど、今までは「生」のフルーツでアレルギー症状が出るだけで、生でダメなフルーツでも、熱処理すると(アップルパイとか、ジャムとかね)食べられたので、「青汁」と断定するには、決定力がないのよね。

一応、30分くらいで症状が治まったので、ホッと一息。

それとも、豆乳と青汁が何か化学反応したのかしら
いづれにしても、当分どちらもやめておこう

便秘用ハーブティ

女性にとっては、「便秘」ってかなりお付き合いが多くないですか

私は、
○前日野菜の摂取量が少なかった
○朝、急いでいる
○前日、すごくストレスを感じる出来事があった

こんなときには、すぐ便秘ちゃんになります。

もちろん、食生活をきちんと改善することが大切で、野菜の摂取量が足りなかった翌日は、本当に必ずと言っていいほど、便秘になります

もともと、ストレスがかかると、便秘になりやすい体質だったのか、若い頃には、最高で3週間便秘が続いたという驚くべき体験もありました。
もう、毎日毎日苦しくて大変でしたよ

その間、もちろん母が用意してくれた繊維質の食事や、フルーツ類も山のように食べましたが全然ダメ
仕事が休めないので、にもいけず、ただただ母と食事療法。

その頃の苦い経験があるので、1日ダメだっただけで、非常事態宣言発令で、ハーブティーを作ります。

ここ1年くらい、主な飲み物は、「ハーブティ」という生活をしているのですが、だいぶ体質改善がされてきたのか、かなり自然のものへの対応力が高くなってきています。なので、ハーブティーも良く効くのです(って、ダイエット用ブレンドは、効果があるのかないのか…いまひとつ、効果を実感できないでいますが…)

実は、美肌のハーブティとよく似ているのです。
体内に毒素や老廃物が溜まっている人は、お肌がキレイになれないというのがよくわかります。

今回は、下記の3つのブレンドで作りました。
○レッドローズ
○ウスベニアオイ
○ウイキョウ(フェンネル)
ウイキョウは、香りがきついので、私としては3粒から5粒が限度ですが、それでもいい働きをしてくれます
ウイキョウをそれ以上入れると、「美味しい」とは程遠いお味になりますので、ご注意を

ストレスを感じていて、便秘がひどいという方、ぜひぜひお試しあれ~。

くちなしの浸出オイル

今日は、いいお天気。
先日、アロマテラピーの先駆者である、バーグ文子先生たちとお食事会をする機会があり、行って来た際に、色々なお話をたくさん伺うことが出来たのですが、その1つに、「くちなしの抽出オイル」がありました。

先生も、香り立ちのいいお花が咲いていると、すぐにオイルを作られるということだったので、私も真似してやってみたわけです。
だって、我が家には、あまりにも無造作に「くちなし」が咲いているんですもの。
とってもいい香りでうっとりしていたのですが、虫がたくさんいるので、お庭のみで鑑賞していたのです。

でも、今回は主人に採取をお願いしてみる
スミマセン、イヤなことは人任せな私。この性格なんとかせねば
幸いどのお花にも青虫はついていなかったのですが、点くらいの小さい虫が多数花びらについていました。虫さんたちも、この甘い香りに魅せられて、よってきちゃうのね~。…とは、思うものの、お水でキレイに洗い流してしまいました。

そして、お花の水分を丁寧にふき取る。私の性格だと、本来あり得ない作業
だけど、今回は失敗したくないので、鼻歌を歌いながら楽しく作業。
瓶の中にお花をいれ、その上からひたひたになるくらいに、ホホバオイルを注ぎ込む。
あとは、日がよく当たる窓辺に置いて、2~3週間。

どんなオイルが出来るのか?
すっごーーーく楽しみ

成功して、いっぱい出来たら、何かコースを開催しようかなと、思っています。
夏だけれど、ハンドクリームとか

クレイパック&メリッサパック

先日、クレイパックのレッスンをして、その時に作ったクレイを冷蔵庫保管しておき、やっと今日使用。

本当は、その日のうちに使用したほうが断然いいのですが、毎日飲み歩きそれどころじゃなかったのです

クレイパックは、グリーンクレイ、ローズマリーのハイドロソル、セージパウダーなどを入れたので、香り立ちもいいし、スッキリ感もばっちり

クレイを洗い流そうとしたら、セージパウダーがゴマージュのような効果になっていて、まさに一石二鳥
ってことは、この後シートパックで十分水分補給しなくちゃと思いつき、急だったので、先日届いてルンルン(死語でもハートはつけてみる)している、メリッサのハイドロソルを取り出し、ファイスシート&アイシートを浸してシートパックを作りました。

ミイラ状態で過ごすこと10分。
プルプルのお肌とご対面。
こうなると、本当に美容液の吸い込みがいい

明日の朝のお肌が楽しみ←いくらなんでもこれは無理??

ジメジメとした夏場、クレイパックでお肌のお掃除を習慣づけるといいですよ。

PS.メリッサのハイドロソル、香りは柔らかなフローラル系。
使用感もばっちりでかなりお気に入りです

風邪引きました(泣)

金曜日頃から、どーもいまひとつ喉の調子がよくない
何か鼻水が出たしたような…
…という感じがしたので、市販の風邪薬を飲みました。
ハイ、私アロマテラピーやハーブやってはおりますが、狂信的な信者ではないので、体調が崩れたらお薬は飲みますだって、早く治りたいもん。

特に、今日から始まる週は、予定が目白押し。
仕事ばかりじゃなくて、遊びもかなり含まれているのですが
風邪を引いても遊びのスケジュールすらキャンセルしない私なので、そんな週を控えている身なので、素直に風邪薬を飲んだわけです。

でも、補佐的な役割として、アロマもハーブも総動員。

アロマバスで、強力に発汗を促し、もうダメ~というくらい汗を流す。
前にご紹介した、風邪対策ブレンドティーを少し濃い目に作る。
今回は、粘膜もやられているようなので、「ウスベニアオイ」を追加。

そして、奥の手はヴィ・アローム社のフリクションRES。
これは、鼻づまりや喉の痛みには、即効的な効果が現れます。

このフリクションシリーズは、ヴィ・アローム社のオリジナル商品なのですが、エッセンシャルオイルのブレンドで100%原液です。その原液を直接患部にすり込むというもの。

日本アロマ環境協会などでは、エッセンシャルオイルを使う場合は、必ず1%以下に希釈するという決まりごとがありますが、これは100%原液。それも直接皮膚にすりこむ。

アロマテラピストたちでも、その使用法をにすると、一瞬のけぞる程の商品です。
フランスでは、アロマテラピーは医療としても用いられており、自然療法士たちが安全性を重視しながらも、効果のあるブレンドを…ということで、開発されたものなのです。

そのRESを首や鼻にすり込む。
以前鼻筋にすり込んでいたら、目までしみてきたという大失敗があったので、鼻の頭付近のみに塗布。
これが、なかなかいい効果で塗った途端に鼻が通ってくるので不思議です。

そんなスペシャルケアのおかげで、まだ鼻はズルズルとはしていますが、軽症のまま治りそうです。

アロマ&ハーブを過信しないことも大切ですが、必要な分だけ取り入れるのも大切なこと。
要するに、バランスよく自然のパワーを活用する。

私は、そんな手段をみなさまにお伝えしていけたらいいなぁ~と思っています

メリッサのハイドロソルへの期待

今日、特別注文しておいた、メリッサハイドロソルが届きました
もうね、心はですよ、

えっハイドロソルって何って感じでしょうか?
ハイドロソルとは、別名「芳香蒸留水」とか「フローラルウォーター」とか言われているものです。
もう少し詳しく書くと、精油(エッセンシャルオイル)を蒸留すると、最終的に水と油にわかれるのですが、その水がハイドロソルということになります。(油は精油ね!)

なので、精油に含まれているものと比べるとはるかに微量ではありますが、植物を蒸留した時に、水溶性の成分があれば、ハイドロソルに含まれるというわけです。

私が愛してやまない、ヴィ・アローム社のハイドロソルは、どれも香り立ちがものすごい。
「ものすごい」とは、私としては「素晴らしい」なんですが、どうも初めてボトルを開けて香りを体験した方は、むせかえるような香り立ちに、びっくりされるのです。

ごく一般的に販売されているのは、ラベンダー、ローズ、オレンジウォーターなどが主流で、メリッサのハイドロソルは、滅多にアロマショップなどではお目にかかれるものではないのです。
なぜなら、メリッサ自体がとても貴重な精油で、一年でもごくわずかしか採取できないから。

それを入手できたので、よろこびもというわけです。

希少価値なのももちろんですが、私は夏場のスキンケアには、「メリッサ」が一番ではないか?…と密かに思っているのです。

ラベンダー、ローズは冬場はいいのですが、夏場にはその香りが重過ぎて、気持ち的にもう少し軽やかなものが欲しい。でも、保湿力は欠かせないし…と思っていたところに、去年の秋ごろからメリッサのハイドロソルが発売開始に
それで、夏に向けて今回初購入に至ったわけです。

し・か・も
メリッサの素晴らしい効果の中には、「乾燥による小じわ」にいいとか
ナハハ。今年は、これとハーブティでスペシャル美肌目指します

ハーブティの効果

先日の「東京国際ミネラルフェア」のイベントに参加して以来、ハーブティの効果を再認識しています。

このイベント期間中の飲み物は、ペットボトルのお茶類やコーヒー。
ハーブティは、家に帰ってのみ飲用というパターン。

このイベント、ほとんど立ち仕事だし、普段の私の仕事環境ともまったく違い、全身のむくみを強く感じました。
朝10:00~19:00まで、狭いスペースの中での作業なので、心理的にも結構きつい。
休憩時間にお外に出て、いい空気を吸おうにも外はってことが多かったし

そんなわけで、最終日の後、家に帰ってからむくみ解消スペシャルケア。

は、当然アロマバス
デットシーソルトに、ジュニパー、グレープフルーツをブレンド。
半身浴しながら、本を読んでじっくり汗をかきました。

そして、夜はリラックス系のハーブティでほっこりと
リラックス系のハーブティと、アロマバスのせいか、熟睡を超えて、爆睡

足の疲れはほとんど取れたような気がしましたが、全身スッキリしたくて、デトックスブレンド。
イベント中は、ストレスが溜まるのか(あまり感覚的にはないだけれど)お菓子をよく食べるので、糖分や脂肪分を取りすぎている感じなので、それも一緒にサヨナラ~の効果も狙っています
ジュニパー
エリカ
ボダイジュ(白木)
ペパーミント
スギナ
カモミール

こんな感じで1ℓ程度作りました。
たぶん、初めてハーブティを飲む方は、このブレンドはあまりにもチャレンジャーすぎかも
結構慣れるまで、薬草系というか、自分が「カブトムシ」になった気分で飲まないとツライかも

私はまったく気にならないので、(むしろ美味しいと感じています)すごいペースで飲み始める。
もうね、飲み始めたら午前中は、1時間に1回はトイレに…
ローフードをやっている友人に聞いたところ午前中は「排泄の時間」だそう。
なので、この時間に排泄するのは、人間として正常なのねってことで、気にせずのみ続けました。

午後には、本当に身体がスッキリ~
イベント中も、ペットボトルでお茶やお水を結構摂取していたのに、ほとんどトイレには行かなかった
やっぱり「滞っていた」んだろうなぁ…ということを思いました。

ハーブティを始める前は、夏場は外出する時はほとんど手に持っていたペットボトルのお茶。
あんまり効果はなかったのね~と改めて実感。

これからは、外出時にもハーブティ入れて持っていこうと思います

興味のある方は、やってみてください

ミネラルフェア最終日

今日まで開催の「東京国際ミネラルフェア」
今日は、最終日で搬出もあるので、またまたお手伝いに行ってきました。

私がお手伝いしているお店は、ローズクォーツの原石がついたクラスターが大人気。
みんなかわいらしい「ピンク」に癒されるようです。

私がみた感じだと、去年よりもこの「ローズクォーツ原石」に興味を示す方が多いみたい。
ピンクですからね

みなさん、この不況で色々ストレスを感じながら、普段頑張ってお仕事されているんだろうなぁ…と思いました。

ピンクは、単に「愛情」の色というだけではなく、(イヤ、愛情の色であることは間違いないのですが
自分自身を大切にすること、自分を責めないこと、そして、他人も責めないこと。
あるがままの状況を「状況」として受け入れること。

こんなことがメッセージの中には、含まれています。

「自分を大切にすること」

そんなの当たり前じゃん
…と、思われている方も多いと思いますが、案外これ出来ていなかったりするんです。

仕事上、どうしても断れないことを言われてしまって、無理しても仕上げる。
よくあることです。
でも、その後には、誰にも褒められなかったとしても、頑張った自分には、自分自身が褒めてあげ、ちょっとしたご褒美をあげたりして、心がウキっとすることをしてあげる。
例えば、ダイエット中でも、好きなスィーツを食べてみるとか。
本当に些細なことでいいんです。
頑張った自分に対して「よくやったじゃ~んえらかったよ」と声をかけてあげてみる。

このローズクォーツ原石に惹かれて、お買い上げ下さったみなさまに、ウキっと感じることのできる癒しの時間が訪れますように。

そして、私と言えば、今日もお気に入りのアクセサリーショップで、ブレスを購入しました
3日間頑張った自分へのご褒美です

今回は、夏バージョンということでこんな色です。
20090609205412

ターコイズ色は、「自分探し」の色。
私らしく、生きるために何をするか?
このインパクトのあるかわいらしいブレスをつけながら、感じてみたいと思います。

努力をする自信

今日も、深くていい言葉が聞けました。

タイトルの「努力をする自信がある」という言葉を発したのは、櫻井翔。
プロゴルファー、石川遼くんに対する言葉。

ニュース番組の特集コーナーのシメに発したことの言葉。
スルーするには、もったいない。

「自信」ねぇ。
売っているなら、買いたいよ
どんなブランドでも絶対に手に入れられないもの。
それが「自信」だと常々思っています。
自信をつけるためには、日々のコツコツとした努力が必要なんだと感じて、いつになったら備わるのかわからない「自信」をつけることにチャレンジしはじめた私。
もう、こうなったらやるしかないのよね。
…前向きではあるけれど、半ばあきらめムード。
まぁ、一生かかったら、手に入れることが出来るかも~と、持ち前の「ノーテンキ」さで乗り切ろう。

日ごろ、そう思っているからかもしれないけれど、今日のこの言葉響いたなぁ。

「努力をする自信がある」

遼くんほどのプレイヤーになれば、練習量もハンパじゃない。
しかも、高校生であるからして、勉強もせねばならない。
そのほか、海外の大会、海外選手との交流もあるので、移動時間も英会話の勉強。
そして、突き詰めたい分野があれば、大学にも行きたいという遼くん。

櫻井翔さんは、遼くんに約半年振りにあったらしいのですが、その半年間の彼の成長振りをみて、この言葉を発したのであります。

櫻井さん自身、アイドルでありながら、大学も卒業してニュースにも出ている、私にとっては、ちょっとした異端児。しかも「嵐」なんていう超人気アイドルグループ。並みの仕事量じゃないはず。
大変なことも多々あるだろうけれど、その彼からみた遼くんの印象だから、これは本物に間違いない。

たった、17歳の少年から感じる印象。
もちろん17歳だから見える「夢」だとか「希望」だとか、そんなものもたくさんあるでしょう。
でも、いい年した私は、まるで目を背けてきた視点
そりゃ、10代あんな生き方しかしていなければ、こんな大人にしかならないでしょう
…と、自分の歩んできた道のりを悔やんでみる。

でも、悔やんだところで何も始まらないし、変わらない。
自分がもっともっと人生を豊かに暮らしていくために、
「努力をする自信」を身につけていこうと思う。

速度なんて、関係ない。いまさら焦ったってろくなことにはならないもんね
そういうところは、年齢とともに理解してきたところ。

自分のペースで、でもしっかりとこの言葉を胸において、頑張っていこうと思います。

櫻井翔くん、石川遼くん、ステキな言葉をありがとう

魅惑のアルガンオイル

去年、南仏に行った時に発見した「アルガンオイル」
これ、モロッコの黄金と言われるほどに、魅惑なオイル。

そう聞けば、買ってしまうのが私のサガ。
何でも、30kgの実から、1リットルしか採れないという貴重品とか。
ビタミンA、B、Eを豊富に含んでいるので、肌を和らげ、乾燥も防ぎ、肌も再生する効果あり

フランスの香水の街、グラースの香水工場としても有名な「モリナール」でゲット。
魅惑すぎて、使うのもったいなくて…。
今までまったく手をつけませんでしたが、フェイシャルケアにも優れているとのことなので、思い切って美容液を作ってみました。

そりゃ、アルガンオイルに敬意を払い、今回は「ローズ」をブレンドの中に入れてみました。
アルガンオイル 20ml
■ローズ
■ラベンダーサンバック
■ローズゼラニウム
■フランキンセンス

これ、3日前くらいから使用しているのですが、とても気持ちがよくて肌も元気

今年から、ヴィアロームの商品ラインナップの中にも入りましたので、日本でも上質なものを購入できることになりました~やった~
みんなで、美しくなりましょう

今年の秋からの「アロマテラピーコース」では、このアルガンオイルを使って、クラフト作りをしますので、お楽しみに~

東京国際ミネラルフェア

6月5日(金)から始まった、今年のミネラルフェア。
今回で、どうやら22回らしい。

このミネラルフェアに出展している、天然石(水晶)のお店のお手伝いを頼まれて、2日間続けて行って来ました。

いやぁ、毎回思うのですが、初日はとっても凄まじい
何しろ、初日ですからね。どこのショップも気合をいれた商品が並んでいるわけです。
マニアなみなさんは、お目当てのお店見つけて大ダッシュ。
マジに運動会さながらです

よくはわからないけれど、世界各国から集まったクリスタルやミネラルなショップが200店舗くらい?出展しているので、そりゃー、もう当然スペシャルマニアックな鉱物がてんこ盛りなのです。

私のお手伝いしているショップは、水晶を専門に扱うお店なのですが、ラインナップがとてもユニーク。
私は、中でもライトニングやレインボーが入ったものがお気に入り
土の中に埋まっている状態の水晶に雷が落ちると、その稲妻のラインがくっきりと水晶の表面に入るんです。そのラインがものすごく太くくっきりと鮮明なもの、繊細なラインのもの、様々。
もちろん、雷が落ちて粉々に割れてしまう水晶も多いのですが、割れずにラインだけがくっきりと残り、発掘されたものも数多くあります。
私は、ライトニングという名前のついたこの水晶は、まさに「天と地のエネルギーを統合する」パワーを持った石だと思います。

二元性の統合をしたいと思っている方を強力にサポートしてくれる石だと思います。
そんなことに今チャレンジ中の方は、ぜひぜひこの石を持ってみるといいかも。

私は、マニアなコレクターではありませんが、メッセージ性を感じた石を集めるのは大好き。
今回自宅サロンをオープンする際に、サロンに何点か水晶を置いたのですが、どれも透明度が高く、すごくキレイにレインボーが入っていました。まさに「レインボーガーデン」の名にふさわしいと自画自賛

いつか、お気に入りのクリスタルたちの画像をアップします

失敗から学ぶこと

私は、アロマ、ハーブ、カラーといった「植物のパワーを借りて、心身のバランスを保つ」ことを広めているセラピストです。

でも、まだまだ植物の世界、わかってないなぁ~と思う出来事がありました

それは、生花の生け方について。

最近、お庭にとてもキレイに紫陽花が咲いていたので、いつでもお家の中でも見ていたいという衝動にかられて、8輪も切って、リビングテーブルの上と、玄関に飾りました。
ブルーバイオレットの美しい色が、目から入ってくることで、「落ち着き」「安らぎ」など、ブルー、バイオレットの色の色彩言語を感じ、癒されまくり

その後、お友だちとランチをしに
楽しく過ごして、帰宅すると、さっきまで美しく可憐に咲いていた紫陽花がしんなり
わずか、5時間くらいのことなのに、どうして
水切りもしたし、延命剤も入れたのに…。
でも、とっても美しかったので、このまましおれちゃうのは、あまりにもかわいそうってことで、私のプライベートブログ?mixiにて、お花のプロフェッショナルなお友だちにHELP要請。
すばやく適切に、色々なことを教えてくださった。さすがプロ
1)茎の中にある繊維を取ること
2)ミョウバン(消毒剤?塩で代用可)を切り口に塗ること。
これが、紫陽花を切花にする時の必須事項らしい。
知らなかった~
そして、紫陽花はお庭で楽しんだほうがいいとのこと。
プロなら適切な処置をして、切花として観賞用として、お家に飾ることも出来るんだろうけれど、私のようなまったくの素人は、難しい
そのほか、お花によっては、切り口を焼いたりするものもあるそうです。

植物については、「その植物にあった、適切な場所で、最大に効果を引き出せるように栽培したものがパワーが高い」なんて、レクチャーしておきながら、「適正な場所」を奪い取っちゃったよ、私紫陽花さん、無知でごめんね

でも、この失敗で、たくさんのステキな気づきがありました。
これは、私の対人関係におけるテーマかもしれません。
■自分の気持ちを優先させず、対象物(人)の適正をきちんと理解すること。
■対象物(人)が、一番輝いている状態でいられるよう、見守ること。
■自分のエゴで、対象物(人)に負担をかけてしまった場合、心を込めてケアをすること。

結局、今回の「ブルー バイオレット」の紫陽花からは、私のコミュニケーション力の見直し、思いやりの心を教わりました。

たくさんの気づきをありがとう

そして、何とか水揚げが成功し、お家の中でもキレイに咲きますように

フルーツアレルギー?残留農薬アレルギー?

まったくもって、油断しました
またまた、私のフルーツアレルギーに1品目追加になってしまいました

今度は、「びわ」

「びわ」っていったい何科なのよ?

バラ科のフルーツ(イチゴ、リンゴ、梨、さくらんぼ、桃)などは、私にとっては大敵なので、慎重に食べるのですが、「びわ」は油断したんですよね~
最近、お店に並び始め、とっても美味しそうなので、友人のお宅に伺った際にお土産で持っていったんです。
そしたら、見事に口の中がビリビリっとしびれてしまいました
「びわ」大好きだったのにぃぃぃ。

好きなフルーツが食べられなくなっていくのは、本当に悲しいです。

私の中の分析としては、「皮の薄いフルーツ」もしくは、「皮のないフルーツ」がダメみたいなので、残留農薬アレルギーの可能性も捨てられないのです。

何故ならば、産地直送で送って頂く「無農薬」のリンゴは何個食べても大丈夫だったから

本当は、どちらに反応しているのかイマイチわからないところなのです。

でもでも、大好きなフルーツたちをずっと断念するのは、悲しすぎるので、何とかハーブティーで体質改善&免疫力を試みます。

・セイヨウイラクサ
・エキナセア
・ウスベニアオイ
・カモミール

あんまり美味しくなさそうだな
治るためなら仕方ないか。

ニキビが…(>_<)

ニキビ…と言える年代ではありません、ハイ
そりゃ、わかっています。
わかっていますが、いくつになってもお顔にポチッと出来たものは、「ニキビ」と呼んでしまいます

そのニキビちゃん、久しぶりに私のお顔に登場しましたよ

でも、これは「どうやったら早く治るか」の実験が出来る貴重な体験

…と、言うわけで、今回はワンポイントクレイパックを採用。
ニキビが出来た箇所だけ、ポイント的にクレイパックをしてみました。

クレイパックは、皮脂のつまりや汚れを吸引するのが目的です。
よく、ニキビが出来ているので、お肌に刺激があるものはやりたくない…と、おっしゃる方が多いのですが、つまっているものを取ってあげないことには、どんなケアをしても無理なのです。

クレイパックの後は、化粧水を思いっきりたくさんパッティング。
水分があれば、油は浮き出てきます。

オーラソーマをされている方は、よくわかりますね
(水より油分は軽いので、浮くくらいのことは、どなたでも知ってるわね
肌の中でもそれは起こるわけで、水分がたくさんあれば、油分は押し出されて、皮膚の表面に出てくるわけです。

今回は、クレイパック→普段の倍くらいの化粧水→少量の美容液でケアしてみました。
果たして、いつもと「ニキビ」の進行具合は違うのか???
お楽しみであります。

男性も美肌は、あこがれ?

いやいや、このタイトルに大した意味は、ありません

先日作った「美肌ハーブティ」なかなか美味だったので、あれから毎日飲んでいます

今朝起きて、昨日作ってあった分を飲もうと思って、リビングに行ったら、やけに量が少ない何でだろう???…私、けっこう夜のうちに飲んじゃったのかしら?とか思っていたら、犯人は主人。

最近は、主人もハーブティにすっかりはまり、今ではほぼ毎日朝ペットボトルにつめかえて会社に持っていっているみたい。
今朝は、「デトックス用」を持っていくんだとばかり思っていたのですが、帰ってきてから聞いたら、「バラの入っているのを持っていった」とのこと。

「美肌ブレンドなんですけどぉぉぉ~」と、教えてみた。
どうやら、それとは知らずに自宅でもそのハーブティを美味しいから飲んでいたとか
ほのかに、顔の黒ずみが取れたと思うのは、気のせいかしら?

男性は、お化粧しないからわかりやすい??
もうちょっと飲ませ続けてみようかなぁ。
男性でも効果アリなら、女性にもよね

« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

他のアカウント

無料ブログはココログ