フォト

最近のトラックバック

« フルーツアレルギー?残留農薬アレルギー? | トップページ | 東京国際ミネラルフェア »

失敗から学ぶこと

私は、アロマ、ハーブ、カラーといった「植物のパワーを借りて、心身のバランスを保つ」ことを広めているセラピストです。

でも、まだまだ植物の世界、わかってないなぁ~と思う出来事がありました

それは、生花の生け方について。

最近、お庭にとてもキレイに紫陽花が咲いていたので、いつでもお家の中でも見ていたいという衝動にかられて、8輪も切って、リビングテーブルの上と、玄関に飾りました。
ブルーバイオレットの美しい色が、目から入ってくることで、「落ち着き」「安らぎ」など、ブルー、バイオレットの色の色彩言語を感じ、癒されまくり

その後、お友だちとランチをしに
楽しく過ごして、帰宅すると、さっきまで美しく可憐に咲いていた紫陽花がしんなり
わずか、5時間くらいのことなのに、どうして
水切りもしたし、延命剤も入れたのに…。
でも、とっても美しかったので、このまましおれちゃうのは、あまりにもかわいそうってことで、私のプライベートブログ?mixiにて、お花のプロフェッショナルなお友だちにHELP要請。
すばやく適切に、色々なことを教えてくださった。さすがプロ
1)茎の中にある繊維を取ること
2)ミョウバン(消毒剤?塩で代用可)を切り口に塗ること。
これが、紫陽花を切花にする時の必須事項らしい。
知らなかった~
そして、紫陽花はお庭で楽しんだほうがいいとのこと。
プロなら適切な処置をして、切花として観賞用として、お家に飾ることも出来るんだろうけれど、私のようなまったくの素人は、難しい
そのほか、お花によっては、切り口を焼いたりするものもあるそうです。

植物については、「その植物にあった、適切な場所で、最大に効果を引き出せるように栽培したものがパワーが高い」なんて、レクチャーしておきながら、「適正な場所」を奪い取っちゃったよ、私紫陽花さん、無知でごめんね

でも、この失敗で、たくさんのステキな気づきがありました。
これは、私の対人関係におけるテーマかもしれません。
■自分の気持ちを優先させず、対象物(人)の適正をきちんと理解すること。
■対象物(人)が、一番輝いている状態でいられるよう、見守ること。
■自分のエゴで、対象物(人)に負担をかけてしまった場合、心を込めてケアをすること。

結局、今回の「ブルー バイオレット」の紫陽花からは、私のコミュニケーション力の見直し、思いやりの心を教わりました。

たくさんの気づきをありがとう

そして、何とか水揚げが成功し、お家の中でもキレイに咲きますように

« フルーツアレルギー?残留農薬アレルギー? | トップページ | 東京国際ミネラルフェア »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 失敗から学ぶこと:

« フルーツアレルギー?残留農薬アレルギー? | トップページ | 東京国際ミネラルフェア »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

他のアカウント

無料ブログはココログ