フォト

最近のトラックバック

« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »

2010年1月

花粉症の季節です。

毎年恒例の花粉症の季節がいよいよスタートします
全然嬉しくないけど

私自身は、5~6年花粉症になりましたが、途中で体質が変わったのか、無事に「卒業

TVでは、花粉症が完治することは少ないと言っていましたが、本当に少ないとすれば、貴重な「完治例」なのであります。
特に何をしたわけでもないのですが、突然治ってしまった、ラッキーガールだったわけです。
※当時は、ガールでも許された年代なのであります

それでも、「アレルギー性鼻炎」ではあるので、多少のグズグズ感はありますが、気にならない程度。

そんなこんなで、今年は「花粉到来」をすっかり忘れていたのです。

そんなある日、主人から「そろそろ、花粉症対策用のハーブティが飲みたい」とリクエスト。

あっひとごとなので、すっかり忘れてた…という心の声をのみこみ、

「そうね~。そろそろケアする季節ね

と、さも気にしていて、そろそろ開始するか…くらいの口ぶりで返答

慌てて、ただいまキャンペーン中の「花粉症対策ブレンド」のハーブティを大量に仕入れました。

これから、花粉症の方々にとっては、本当に憂鬱な季節が始まります。
薬以外で早めのケアを…と思われている方で、ハーブティを試してみたいという方は、ぜひご連絡下さいませ。

【商品名】PROPHEDIET フレシュール

ブレンドされているハーブ:エキナセア/ユーカリ/タイム/マジョラム/メリッサ
定価/10袋入り ¥2,100(税込み)
キャンペーン中は、1箱お買い上げごとに2袋プレゼント

Prophedietfr_2 

やっとスタートライン

私は、2006年09月から、月に1回心理カウンセリングを受けています。

きっかけは、この年の4月に母を亡くし、そのショックをきちんと受け止めることが出来るようになるため。
2004年9月に父が他界し、1年半で母も他界というショックを受け止めることが出来なかった私にカラーセラピーの師匠が、ご自分の心理学の先生を紹介して下さったのです。
それまでの私は、苦しいことも悲しいことも、一人で我慢してがんばって解決し、乗り越えていくものだと思っていたのですが、そこまで一人で頑張りきらなくてもいいんだ…ということに気づかせてくれました。

その両親の死から立ち直れたのが、2008年10月。

そこからは、自分自身のワークに入りました。
カラーセラピストとして、自分自身の思考のパターンを理解すること、自分自身の生き方を受け入れることが出来ないと、セラピストとしての成長がないと思えたから。

自分自身のワークに入ってから、約1年。
毎回、毎回、「目からうろこ」なことがあったり、自分のインナーチャイルドの問題がどんどん解決されてきたりと驚き、喜びの連続でした。

そんな体験の中から、自分自身のコンサルテーションの中で、生かせるものなどを学びとれているなぁと実感していたのですが、甘かった

前回のカウンセリングの後に、

「かなりいい状態になってきたから、僕のやっているワークショップに興味があるようなら、参加してもいいようになってきたよ。実感あるでしょ?」とおっしゃって頂いた。

先生のワークショップは、本格的でかなり難しいという印象があるし、評判もそんな感じ。
実際、先生のHPを見ても、著書や訳書を読んでも、難しすぎてよくわからない
でも、やっと許可がおりました

ワークショップの内容についていけるのかどうかわからないけれど、やってみたいなぁ。と思います。

今まで、カラーセラピー仲間に、「私たちの心理学的な理解度のレベルは、2~3程度だと思う」と話していたのですが、それも思い込みでした
これから、「はじめの一歩」です。

個人カウンセリング41回目で、やっとスタートライン

あははは
もはや笑うしかないね。アタシの能天気っぷり
「0」のあたりをウロチョロしていたのに、2~3もあると思ってたのね
まぁ、ボチボチ焦らないでやります。

先生から、ワークショップ参加の許可が出た喜びと、これからスタートラインかいというひざが抜ける感覚が、良い意味で自分の中でからみあっています。

オレンジピールにはまっています。

最近、ハーブティ「アーティーチョーク」の断裁方法が変わって、以前より細かくなりました。
それで、今までと同じくらいつかんでブレンドしていたら、超苦い
主人から、「これ、苦くてまずぃ~」と苦情まで出るくらい、マズかったのであります。
まぁ、年末年始で体重が増加したこともあり、ボダイジュ(白木)、ジュニパーなども入れ、がっつり「デトックス&ダイエット」ブレンドにしてしまったし…。

でも、こんなクレームでへこたれる私ではありません
がっつり「デトックス&ダイエット」ブレンドはしつつ、味の調整役という大任を「オレンジピール」に任せたわけです。

オレンジの皮の甘酸っぱい香りで、中和してくれないかなぁと期待を寄せて、ブレンドの中にプラス。これが、大成功とっても美味しい
今までは、レモングラスやローズ、ミントなどをその日の気分で入れていたけれど、レモングラスの量をちょっと控え、オレンジピール投入で、「がっつり」な貪欲加減が消え、ほのかな爽やか感が出てきました。

爽やかにダイエット…。いいですね~。

その他、ストレスが多い方には、
・オレンジピール
・カモミール
をベースにしたブレンドもオススメです。
一日の疲れを取り、暖かい気持ちを蘇らせてくれるブレンドです。
お好みで、ウスベニアオイやローズを入れるのもほっこり気分がすると思います。

ぜひ、お試し下さいませ。

絵のお披露目

今日から、2010年レインボーガーデン主催のセミナーがスタートしました。
みなさま、本年もどうぞよろしくお願い致します。

一昨年のプロヴァンスツアーでご一緒した、アーチストのHIROさんに、レインボーガーデン&私のイメージで絵を描いて頂き、今日からサロン入り口に展示してあります。

01 昨年の5月に、HIROさんのお宅に伺った際に、リビングに飾ってある絵に一目惚れ。2009年のHIROさんのテーマのひとつに、このトーチを持つ女性があったそうなのです。
その女性像が、私の心の中にストレートに入ってきました。
まさに、「こんな女性になりたい」という私の理想像があったわけです。
そんなこんなで、初めておうちにお邪魔したにも関わらず、すごい勢いで「絵を描いて下さい」と遠慮もなく、不躾にお願いしてしまった私
今思うと、失礼極まりない行動

でも、立て込んでいる仕事の中、快く引き受けて下さり、昨年中に絵が完成
受け取りに伺った時に、この絵を見た時の感動は言葉には言い表せませんでした。
今まで、「絵」を買うことはあったけれど、「気に入った絵」を選ぶ作業でしたが、今回は自分のイメージでオリジナルの本当に世界に1枚しかない「絵」を描いて頂いたわけで…。
本当に、本当に感激しました。

この絵は、ラベンダー畑の中に、トーチを持って立つ女性の絵なのですが、
レインボーは、背景の空に「虹」がかかってるでしょ!
ガーデンは、私のサロンがアロマやハーブのセミナーをするサロンなので、ラベンダー畑で。

リクエストはしていませんでしたが、HIROさんの感性で、壺から水が溢れ出し、循環してまた戻ってくるというステキなイメージの枠をつけて下さいました。
「循環」するというのも、私のサロンイメージの中にあったのですが、伝えなくてもHIROさんに無意識の世界で伝わっていたんだと思うと、それにも感動

年末のうちに、額縁に入れてもらい、今日からめでたくお披露目です。
これから、私のサロンのシンボルとして飾っておきますので、お越しになった方は、ぜひごらんになってくださいませ

今年のテーマカラー

明けましておめでとうございます。
今年も、どうぞよろしくお願い致します。

このブログを見てくださるすべての方が、今年1年幸せに暮らせますようお祈りしています。

さて、年頭にあたり、私の今年のテーマカラーを決めました。

「ブルー」

今回、年末年始の旅行で、バリ島に行って来たのですが、そこで見た

「海のブルー」と「空のブルー」

これがかなり印象的だったんです。

ここ4ヶ月くらい、色々なところの海と空を見てきました。

カナダ/バンクーバーでみた、海と空のブルー
韓国/済州島でみた、海と空のブルー
日本/三重県鳥羽でみた、海と空のブルー
インドネシア/バリ島でみた、海と空のブルー

それぞれ、同じ海と空なのに、まったく表情が違います。
東京で生活していると、あまり海と空をのんびり眺めるという時間が持てません。
でも、この4ヶ月、私はあちらこちらで、ブルーを目に焼き付けてきました。

大自然の中で、感じる「ブルー」は、とても広がりがありました。
常日頃、オーラソーマやセンセーションのボトルで「ブルー」は、目にしているのですが、体感する色は、迫力が違います。
私の心にストレートに入ってくる感じ。

色彩言語で、机上で覚えたものが、大自然の中で体感するとより深まる感じ。
・保護
・厳しさ
・雄大さ
・安心感
・包み込むもの
様々な言語が頭をよぎりましたが、体感して一番感じたのは、

「一体化」

地球にあるもの、地球を包み込んでいるものが、水平線という堺はあるけれど、一体化している「つながり」のようなものを感じました。

本当の意味で、何か私の中にあるものが1つにつながっていくような、そんな感覚がありました。
考えるのではなく、このテーマを体感する1年が過ごせたらいいなぁと思います。

心はゆったりと…。
でも、感性は敏感に…。

何気ないこと、普通にあるものの中に、私の人生に必要なものがあるような気がします。
多分、いつも見ているのに、見えていないのでしょうね。
どんなことに気づけるのか?
楽しみな1年です。

« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

他のアカウント

無料ブログはココログ