フォト

最近のトラックバック

« 蒸し暑くなってくると…。 | トップページ | アーティチョークの謎 »

気合いと執念の風邪対策

ここのところ、また寒暖の激しい日が続いています。
昼間暖かくても、夜は急激に冷えたり…。
先週、油断してちょっぴり薄着で外出し、夜まで外にいたら、微妙に風邪ひきそうに
今週は、毎日予定がつまっているし、何と言っても週末はソウルなので、風邪なんかひいている場合ではないのです。

…というわけで、土曜日から必死の風邪対策決行中。

まず、基本的にたよりにしたいのが、ヴィ・アロームのフリクションRES
これは、風邪の症状を劇的に緩和してくれるので、こんな時には外すことの出来ない重要アイテム。

私のところに習いに来て下さる方々、そして私の友人知人なら、誰しも必ず持っている「必須アイテム」なのです

今回は、このRESをフル活用。
のどがちょっぴり痛くなってきたので、4~5滴のどの痛いところの外側にあたる首の部分に刷り込む。
そして、マスクにも3的程度たらし、口でスーハー息をする。
そうすることによって、のどのヒリヒリするところにダイレクトに香りとともに芳香分子が働きかける
これが実感できることが嬉しい
今回の人体実験で実感したのですが、のどが痛い場合は「口呼吸」で、香りを吸い込むのが効果的。

そして、夕食後には、風邪ブレンドのハーブティ
今回のブレンドは、
・ウスベニアオイ(のどの粘膜の保護)
・ユーカリ(鼻、のどのケア)
・エキナセア(免疫力UP)
・カモミール(発汗&解熱)
・ペパーミント(発汗)

これを鼻で呼吸して、吸入しながら飲む。
なかなかいい感じ。

そして、寝る時は、マスクをしたまま。
目が覚めるたびに、マスクにRES補給(2滴程度)しながら爆睡。

ここ何日か、このケアで「風邪気味」のまま悪化せず維持しています。
不思議なことに、私の体質では、朝方5時前後にのどの痛みがピークに
今回は、この作戦が失敗に終わるのか?とちょっと疑心暗鬼になりながらも、ここでさらにマスクにRES投入。
もちろん、「口呼吸」
すると、起床する時には、まったくのどの痛みがない。。。

今回は、ちょっとしつこく「風邪気味」からイマイチ完治しないので、この方法を連日続けています。
毎日、朝方5時頃にのどが痛くなるという現象があるので、私の体質または、人間の生理作用的にその時間のケアが大切なのかもしれないということがわかりました。

後は、「絶対に悪化させない」という気合いですな。
こののどの痛みの時間からの約2時間、ひたすら「起きたら、痛みが取れてる!!」」と呪文をかけながらの爆睡。

RES愛用して下さっているみなさま、もちろん自己責任のもとにやってみることが大前提ですが、上記のことを参考に、自分なりのケア方法をあみだして下さい。

皮膚への刺激等がある方もいらっしゃるでしょうから、まず最初は、量、時間ともに加減してみて下さい。

« 蒸し暑くなってくると…。 | トップページ | アーティチョークの謎 »

ホリスティック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 蒸し暑くなってくると…。 | トップページ | アーティチョークの謎 »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

他のアカウント

無料ブログはココログ