フォト

最近のトラックバック

« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »

2010年11月

出版記念パーティ@表参道

昨日は、友人の出版記念パーティに行って来ました。

出版された本は、
Dsc01754
何とも表紙がかわいらしい。
この女性の顔は、全部お野菜で表現されているのが、「食」の本らしい。
なになに…と、手に取りたくなるようなインパクト。
「食」に対する「職人」13人の共作の本なんである。

私の友人、むっちゃんもその1人として、この本で紹介されている。
彼女は、「Row Food」という、簡単に言うと、体内に有効的に「酵素」を取り入れるため、48℃以下で調理されたもの、または生のものを食べる食事法。
ダイエットももちろん可能だけれど、圧倒的に身体の調子がよくなり、その結果健康になる。

アメリカでは、もうかなり根づいていて、ロスやサンフランシスコには、あちこちに「Row food」を頂けるCAFEがあるんだとか。(1月にグランドオープンする、レインボーローフードのオーナーさん談)

今回は、表参道HOMEさんにてこの本の出版記念パーティ。
Dsc01749
原宿「キディランド」の真裏あたりにある、おしゃれなCafe
このパーティでは、人を喜ばせることが大好きなむっちゃんらしい企画が盛りだくさん
ゲームをしたり、プレゼント抽選会があったり
私、このプレゼント抽選会のプレゼントとして、ハーブティを提供させて頂きました
名付けて、

「女子力アップのブレンドティ」

ブレンド内容は、
・ローズ
・カモミール
・エリカ
ほっこりしながら、美肌にもいいスペシャルブレンドです。

今回のパーティ、4割くらいは男性の方も参加されていたので、当たった方は、奥さまにプレゼントして下さいね~

そして、私にもプレゼントが当たりました
Dsc01756
昨日、カリフォルニアでの視察旅行から帰国なさったという「レインボーローフード」さまよりご提供のエコバック。
中でもカラフルでアメリカンなものを選びました

たくさんの方とのいい出会いがあり、楽しい時間を過ごさせて頂きました。
Dsc01753
むっちゃんを囲んで…。
2008年フランスツアーの仲間での3ショット。
酔っぱらってるので、赤ら顔です

そして、おみやげには、むっちゃん作の「ロープリン」も
Dsc01757
何の変哲もない、「プリン」に見えますが、変哲アリアリなのです。
何てったって、砂糖も卵も乳製品も使っていない。
そして、「熱」も加えてない。
でも、プリンなのです。

ローフードにご興味が湧いてきた方は、むっちゃんのスクール「アティーバ」をご覧ください。
http://rfschool.jp/

初鼻カメラ体験

それは突然やってきた。

ここのところ2週間ほど、食道なのかのどの奥なのか、はたまた胃の入り口あたりなのか?という微妙なところに何かつまったような違和感を感じていた。

そもそものことの始まりは(多分)食後にパイナップルを食べたあたりから。
私の習った「ローフード」のセオリー的には、食後のフルーツは言語道断なんであるが、食べたくなってしまったんだから仕方ない。
そんなセオリー丸無視で、ぺろりと美味しくパイナップルを頂く。

…食後30分くらいして…。
うーん・・・何だか食道のあたりが微妙な感じだぞ
胃酸とパイナップルの酸味がケンカでもし出したかというような不快感。
やっぱ、食後のフルーツはダメかあ…と、ちょっと反省しつつも、あまり気にせずに過ごしていた

次の日あたりから、のどの奥あたりに、ひき肉のかけらがくっついたような違和感
吐き気がするわけでもないし、胸やけがするわけでもない。(胸やけしたことがないので、どんな症状なのか、イマイチわからないんだけど)
食事は通常通り頂ける。(ゆえに、痩せることもない

こんな症状が改善されず、毎日続くもんだから、我慢できずに取りあえず内科に。

かなりびびり色々な病気をネットで検索。
・食道がん
喫煙していないし、飲酒も週に2回程度だし、まぁ発病する原因は、ほとんどないのと、食事中にものがつまるとか、沁みるとかまったくないので、症状なしで却下。

・逆流性食道炎
テレビでお茶の水博士が解説していたので、気になったけれど、イマイチわからず。。。

内科の先生的には、問診にて特に異常なしみたいな感じで漢方薬を処方してくれた。
まぁ、この年齢だと「更年期」で片づけられちゃうのよね

んで、今日は耳鼻咽喉科に行って、またまた症状をツラツラと得意気に語ってみると、

「では、鼻からカメラいれてみましょう
…と笑顔でおっしゃる…。

え……カ、カメラっすか
動揺する私を尻目に、気がつくと看護師さんが私の横にカメラの道具とモニターを設置。
否応なく、カメラなんである。

「あの、アタシ、何の心の準備もしてないんすけど…」

「初めて、カメラいれるんですが、痛いんですか

と、往生際の悪い質問ばかり、泡を吹いたような口から飛び出してくる
悪あがきもいいところ。。。

そんなあがいたわりに、検査はものの1分程度で終わり、炎症もなく特に気にするような状態ではないということよかった~先生ありがとう!(ってことは、結局は、更年期なのか…と家路に着く道すがら気がつく。)

そうは言っても、問診だけで「更年期」と決めつけられるよりは、カメラで見て異常なしで結果的に更年期のほうが、数段マシなんだけど…。

ってことで、先日もらった漢方のみながら、胃とのどや食道などの炎症を抑えるハーブティをせっせと飲み続けることにしました。

こんな時によい、ブレンドテイは、
・西洋ナツユキソウ
・カモミール
・オレンジピール
・ウスベニアオイ
・フェンネル
(胃痛、炎症、更年期すべてに対応したブレンドです
スッキリさせたい場合は、ペパーミントも入れます。

意外と美味しい

同じような症状でお悩みの方、こんなブレンドティを飲んでみて下さい

疲れ目にハーブパック

パソコンに向かっている時間が長いのか、メガネやコンタクトの度が合わなくなってきたのか

目の奥のほうが痛くなる時がよくある今日この頃

悲観してばかりはいられません。

ってことで、昨夜は疲れ目用ハーブパックを作ってみました。
使用したハーブは、↓
Eye
・ウスベニアオイ 2つまみ
・ラベンダー 1つまみ
この量を30ccくらいのお湯で抽出液を作ります。
もちろんお湯のままだと熱いので、常温まで放置して冷やします。
この時期なので、すぐに冷えるので便利、便利

下準備が出来たら、ゆ~っくりお風呂に入って循環も促進
けっこう量があったので、フェイシャル用とアイマスク用のシートパックを抽出液にひたして、あとはお顔に10分間ONするだけ。
お肌にどんどん吸収されていくのがよくわかります
10分後、水分が補給されもっちりとしたお肌になったら、すかさず美容液を塗って、完了

今朝は、プルプルお肌と、快調な目(どう表現したらいいの?)を手に入れました。

この時期、乾燥しらずなお肌を手に入れると、心もルンっと跳ね上がります。
一石二鳥のハーブパックです

シンプルだけれど、自然素材100%混じりっ気なしのハーブの力を感じることが出来ます。

ハーブを試してみたい方は、ぜひハーブティ体験会にもいらしてくださいね

大切な1日の過ごし方

今日は、短大の頃からの大親友の命日。
彼女が天国に召されて1年が経ちました。

今日は、そんな彼女を偲び、1人淡々と過ごしています。
本当は、共通の友人と「偲ぶ会」ランチでもしようかと思ったんだけれど、どうしても誰かを誘う気にならなかった。多分この「1人で淡々と過ごす」時間が欲しかったのでしょう。
1人で過ごしていると、彼女と1対1で対話が出来る、そんな感じ。
何をするでもなく、人から見れば「だらだら」と過ごしているように見えるかもしれないが、そんな人目なんか気にする必要はない。
自分にとっては、「貴重な時間」なのだから。

短大に入学してすぐに知り合ったので、25年以上、一緒にいた友人。
ずっとおばあちゃんになっても、どんな形であれ付き合いが続いていくと、何の疑いもなく思っていたのに、あっという間に逝ってしまった。

あれから1年。
あまりにも長い間彼女と過ごしていたから、どこに行っても「あぁ~、ここ一緒に来たな」とかあのお店で一緒にご飯食べたな。お茶したな…とあれこれ思い出す。
でも、どういう訳か「悲しさ」はない。彼女がいない「寂しさ」はあるけれど、本当に天真爛漫な子だったので、どちらかと言うと「楽しさ」が蘇ってくる。思い出していると、涙よりも笑いがこみあげてくる、不思議な子だ。

先日、1人でランチをして、最後にを飲んでいたら、正面の席に彼女がいる気がした。
(私、アヤシイ人ではありません)
何だかとってもほっこりと温かい気持ちになり、嬉しかった。
本当は、一緒に年を重ね、一緒に老い、老後に杖つきながらも、どこかでケラケラと笑いながら歩いているような未来を想像していたのに、それはもう叶わぬ夢となってしまった。

両親の「死」も相当こたえたけれど、親友の「死」は、また違った意味でこたえる。

でも、私は彼女より長い間現世にとどまり、これからも色々なものを見、体験していく。
別に彼女の見たかった世界ではないかもしれないけど、それはそれでよしとしなくちゃ
私がいつか天国に行った時に、彼女に「あなたのいなくなった後は、こうだったのよ」とたくさんのことを話してあげたい。
…ということは、私自身、たくさんのことを経験、体験しないとね。
彼女が「それで、それでっ」とノリノリで聞いてくれるような体験
1人で2人分生きるような、そんな感覚で楽しもう。

命、大事にしなくちゃいけませんな。
ぶっちゃけなところ、今の私には壮大な夢や希望があるわけではない。
(そりゃ、仕事の目標とかはあるけどね…そんなの「命の尊さ」と比較したらたいしたことはない)

私の希望は、とってもシンプル。

「毎日、楽しく幸せなら、それでいい

PS.友人さま
天国で楽しいところチェックよろしくお願いします
きっと、あなたのことだから、あちこち遊びまわっていることでしょう。

さて、これからはどんな話をしようかな。
彼女が旅立った時間が近付いて来る…。

華展で、感性を磨く

先日、「草月流」の華展に行って来ました。

友人が出展していることもあり、ここのところ毎年行っています。
私は、華道の世界はまったく素人なのですが、草月は独創的で面白い作品が多いところがお気に入り。

私の華道概念を、毎年よくもここまで覆してくれるものです

入ってすぐに絶句したのがこれ。
Wagomu
何で輪ゴム…
こんなアイディアを思いつく感性が本当に素晴らしい。
アートです。

次がこれ
Nasu B17
ナスが突き刺さってます。
何のイメージなんだろう?ロケット???
オーラソーマ的にはB17の吟遊詩人のボトルっぽいですね。

これも野菜シリーズ
B05 B005
パプリカです。
これも花材になるとはビックリ。
こちらは、オーラソーマ的にはB05ボトルかな?

こうやってボトルをイメージできるお花があるとウキウキになってきます

もう1つ斬新だったのは、
Obihana
帯が巻きついている…
えーー。こういうイメージわくんだ~とひたすら感動を覚えました。

我が友人の作品は、こういった斬新&大きい&華やかな作品が多い中、独特の「美学」があるものでした。足し算ではなく、引き算。シンプルでどこまで「美」と器との一体感を感じられるか?
この感性にも感動。
Tukiko
せっかく画像におさめたのに、チョコレートコスモスの微妙な色合いが出ないのよね。
でもお花2つで、完全に「世界」を作り出してました。あっぱれでございます。

いっぱい、いっぱい感性を刺激してくれる草月展。
また来年も張り切って行きますよ~。

初☆ドラッカー理論に基づく1dayセミナー参加

先日、友人から誘いを受けて、

「ドラッカー理論に基づくブランド構築1dayセミナー」なるものに参加してきました。

はい、この手のセミナー、初参加でございます。

一般企業にいた時も、こういう能力開発系セミナーに参加したことがなかった私には、新鮮でした。とか何とか言っちゃって、まったく予備知識がないまま行ったんですよねー

友人からお誘いメールを頂いた時に、

「ドラッカー」って誰

という、状態からスタート。
なんかすごい人なんだろーか?と、本屋に行ってみると、すごーくたくさんの本が平積みに…あまりにもたくさんありすぎて、何を読んだらいいのやら…。
セミナーに参加するんだから、手当たり次第に買ってみりゃーいいのに、

ま、いいかっ」と投げ出し、セミナー前日に偶然見つけたビジネス系週刊誌が彼の特集だったので、それを購入してセミナーに挑む。
朝セミナー会場に向かう電車の中で、たった3ページ程度しか目を通していない

セミナーに集まったメンバーが自己紹介していると、みんなこういうセミナー渡り歩いていらっしゃる方ばかりで、心構えがまったくアタシとは違うんである…。
どんな自己紹介をしたらいいのやら……と半泣き状態だったんだけど、そういう時に開き直るのが私なんである。

「あのぉ~、ドラッカー知らないまま、参加しました」…とやっちまった

久々に我ながら最悪の出だし。

でもね、知らないことを知ってると言ってみたって1日セミナーしてれば、ばれちゃうんだから、いっそのこと最初に「知らない」宣言をしておいたほうが楽に気負わず、ドキドキせずにセミナーに参加できるので、いいかなと。(アタシもこういうところある意味大人になりました)

で、セミナー内容について書いちゃうわけにはいかないんだけど、これから個人事業主として私が何をしていきたいのか、プランを立てるのにはいい機会だと思いました。

自分の強みを探して、そこに集中する。

これ、ポイントです。

能力開発系のセミナーなのに、色々な部分では、「自分の強み(可能性)に光を当てる」など、オーラソーマ®などのカラーセミナーと目指すところは一緒なのが、私の「やる気度」させた一因なのかもしれません。

強み…意外と自分自身では、「弱点」と思っていることだったりするんですけどね。
私の弱点がどんな風に強みに変わっていくのか…。
ドキドキ、わくわくしながら、「ブランド育成塾」に参加してみます。

個人事業主として仕事を始めたけれど、先に進む手段がわからなくなっている方には、オススメの1dayセミナーは、こちら↓です。
http://www.re-japan.tv/michi_s
気になる方は、紹介者がいると、割引になる制度がありますので、ぜひご連絡下さいね。

連絡先:レインボーガーデン rainbow-garden@live.jp

今年のインフルエンザの季節です。

ブログに書きたいようなお話がいっぱいあるんですが、今日はそれらを飛び越して「インフルエンザが流行の兆し」とニュースで聞いて、これをまず書くことにしました

まずは、予防接種が一番ですが、家庭で出来る簡単ハーブティ&アロマのご紹介

アタシ、注射が何よりもキライ
ゆえにもダイキライ

幼少時代に、小児ぜんそくだったために、【病院=「痛い」注射】の公式が出来ているのであります。病院中に響き渡るような大声で泣いたら、先生は注射するのをやめてくれるのではないかとほのかな期待を抱き、はりさけんばかりの勢いで泣いたのに、両手両足を看護師さんに抑えられ、ズブリと…という日々。
反省することは、「泣き声が小さかった(そこかよ…
さらに次は大声で泣くという悪循環の繰り返し。
アタクシ、ある意味、あきらめないチャレンジャーなんである

そんなことはいいとして、そんなわけで「病院に行くなら死んだ方がまし」という公式が潜在意識のどこかに刷り込まれている。
いや、最近は死にたくないから病院は行くんだけど

でも、要するに病気にならない身体を作ればいいわけです

そんなわけで、今年の冬もアロマ&ハーブのアイテムで風邪をひかないパワフルボディを目指しましょう。

まずは、毎日のうがいに、「ティートリー」
コップに1滴のティートリーをたらして、それでうがい。
ぶっちゃけ、最初は「うえっ」ってなります。
でも、口腔内の殺菌には、やっぱり手放せない。

そして、毎日のハーブティに

・エキナセア(免疫力アップ
・エルダー(インフルエンザ予防)

を取り入れること。
美味しく頂くために、ミントやタイムなどとブレンドするとなお可です。

そして、「あれっ?ちょっとヤバイ」という感じでのどがイガイガしてきたり、鼻水が出始めたら、即ヴィ・アローム社のフリクションRESを塗布

悪寒などがしたら、カモミールやナツユキソウ、ミントなどのブレンドで、一気に発汗。
熱を出しちゃいます。お風呂でゆっくり温まって汗かいてから寝れば、大丈夫

小さなお子さんがいらしたり、受験生やお仕事が忙しくて風邪ひいている場合じゃない方、日々のケアを充分にして下さいね~。

※レインボーガーデンでは、上記の商品についてお取り扱いをしていますので、欲しい方がいらしたらご連絡下さいませ。

rainbow-garden@live.jp

HP:http://homepage3.nifty.com/rainbow-garden/

足裏治療で暴れるの巻

今日は、屋久島からお見えになっている、健 未路先生に足裏治療をして頂きました。
この方、音楽家でもあるらしい。
不思議なおっちゃんである(失礼

七転八倒とはこのことか…
余裕なんてまったくないんである。
Ashitubo2_2
この画像は、なんてことなさそうに施術を受けているが、見るに堪えない姿のもの多数で画像的に却下という悲惨な事態に…

変な武器(ただの施術用の道具)が出てくると、そりゃもう痛みは極限である。

「ぎゃぁぁぁぁ…」

…という、私の断末魔の叫びが部屋中に響き渡る
生きてこのままここから帰れるんだろうか?とマジに心配になる…。

痛いところばっかりのアタシの足。
人生40年以上使ってきた臓器たち、か~な~り、お疲れの模様…。
ありがとね、ここまで大病もせずに生きてこられて荒療治だけれど、今日改善してあげるからね!と、これまで頑張ってきた臓器たちに敬意を表している余裕は、、、(この時はなかった
それくらい痛いんである。

おっちゃん(もとい、先生)は、あっ腎臓に石みっけとか、心なしか嬉しそう。
ちっちゃいのがコロコロあるよ…とのこと。石が出来やすい体質だからね~だって。
でも、尿管(4mm)よりも小さいから、知らないうちに尿で流れているらしい。

えっ、聞いたことないっすよ。
アタシ、結石体質なんですか?
そー言えば、おじいちゃんが結石体質だったなと脳裏をかすめる。

ってことで、結石体質ときけば、ハーバリストの私としては、腕をふるわなければならぬぜよ
その結果がこの6種類のハーブ
Jinzo2
腎臓の結石を流すハーブ
・ジュニパー
・ボダイジュ(白木)
・エリカ
これで、徹底的に老廃物や結石を流すのだっ

Jinzo1_2
こちらは葉っぱ系ハーブ
・西洋ナツユキソウ
・イラクサ
・ペパーミント
ナツユキソウで、身体の中にあってはいけない異物を流してもらい、イラクサで体質改善

スペシャルティーでございます

しばらく飲んでみます。

数値は語る

今日、主人の定期健康診断の結果が届いた。
去年は、大腸の再検査があり、ドキドキものだったんだけれど、今回は大丈夫だったみたい

それどころか、すべて数値がよくなってることにビックリ

肝臓、中性脂肪などかなり改善

これって、ハーブティーやEO-レモンのおかげかしら
一概には言えないし、断定することももちろん出来ないけれど、主人の生活習慣を見ていると、アーティーチョークのブレンドされたハーブティを毎日飲んでいること、この春から肝臓を保護するために、EO-レモンを毎日1滴ずつヨーグルトにたらして食べていることくらいしか思い当たらないんである。(あと、酵素もあった

アーティーチョークは、肝臓強化、脂肪燃焼の作用があるし、レモンも肝臓の保護。
本当にこれが効いているなら、こんなに嬉しいことはない。

何故か、腹囲だけはちょこっとだけ増えてたんだけどね
体脂肪、中性脂肪は減っているので、何で増えたんだろう…。疑問だ。。。

とにかく、ハーブティをはじめとする自然療法的なものは、「継続は力なり」なんだということを実感。
普段は、大した変化が見られないからと、途中でやめそうになるんだけれど、ハーブティ飲み続けて良かったと、健康診断の結果の用紙を見ながらマジマジと思ったのでした。
数値だけで判断するのも良くないのかもしれないけれど、これはこれで1つの基準だからね。良しとします

さて、肝心の私はどうなのか

来週が健康診断なんである…。
主人が改善しただけに、プレッシャーだなぁ

« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

他のアカウント

無料ブログはココログ