フォト

最近のトラックバック

« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »

2011年1月

カラーセラピーイベント「色祭」でのグループワークショップについて

いよいよ、今年初のイベント「色祭」まであと20日になりました
今年は、どんな方とどんな出会いがあるのか?また、今まで出会った方と関わり合い方にどんな変化があるのか
ワクワク度が高まります

さて、そんな中、チラシをお配りした方から、色々ご質問を頂きましたので、私が行う

「冬の木枯らしにも負けないアンチエイジング&保湿美容液作り」についてのご説明をします

かつての私は、30歳を過ぎた頃から、アンチエイジングへの関心が高まり、色々なブランドの超高級な、スキンケア用品をラインナップで揃えていました。
でも、「アンチエイジング」ものって、高くて毎月の化粧品代がなことに…。
だけど、年々お肌は衰えるし、スキンケアをきちんとしないと、今後大変という恐怖感から、拍車がかかりまくり…。

そんなこんなで、色々な化粧品メーカーを試しながら使っていたのですが、どーも、納得するものがない使用感ばっちりで納得するもを見つけると、15ml 30,000円なりが、私のお財布の中から、消えて行く…という状態。

アロマテラピーを知る前は、こんな状況でも「仕方ないのか」とあきらめていたのですが、実はとってもシンプルなケアがお肌にいいんだということにたどりつきました。

私がアロマテラピーでのスキンケアに変えたのは、2006年頃。
だから、もうこの5年くらいは、シンプルケアなのです。
朝は、化粧水(ハイドロソル)→自作美容液→下地
夜は、化粧水(ハイドロソル)→自作美容液で終了
お肌の調子は絶好調ってことで、私のシンプルでお肌に良いスキンケアをみなさまにご紹介するのを目的にした、グループワークショップです。

今回は、そんな中から「アンチエイジング&保湿」を重点に置いた、美容液を作ります。
使用するエッセンシャルオイルは、下記のものから、お肌の状態や香りのお好みに合わせて2~3種類をブレンド。
まさに「オリジナル美容液」を作ります(お持ち帰り頂けます)

【使用する予定のエッセンシャルオイル】
・ラベンダー
・ゼラニウム(ローズゼラニウム、ブルボンセラニウムの両方をご用意します)
・イランイラン
・ローズウッド
・パチュリ
・フランキンセンス
などなど。

キャリアオイルも、肌馴染みのよい、マカデミアンナッツオイルを使用する予定です。

今年は、特に乾燥がひどいですから、この美容液でお肌を守りましょう
ご興味のある方は、ぜひぜひいらして下さいませ。

このワークショップは、13:30~になります。
時間は、40分程度 金額は、2,500円(お持ち帰りの美容液代含む)です。
お席が6席ですので、ご予約の方優先となります。
予めご了承ください。

ご予約をご希望の方は、rainbow-garden@live.jpへご連絡下さいませ。

乾燥対策ハーブティ

今朝の番組で、今年の乾燥は例年になく異常だという話が出ていました。

去年もわりと乾燥していたらしいのですが、冬の平均が41%
今年は、今のところの平均が37%なんだそう。
数値的に見ても、「ふぅ~ん」という感じで、この4%が何なのさっという気がしますが、この4%何となく、肌で感じません??

年末年始の旅行のため購入した、ジェルタイプの洗顔料。
洗顔後にタオルでお顔をふいた瞬間から、急激に水分が取られてしまい、まるでばぁやのようなシワシワなお顔になど、ビックリ体験が相次いで起こってました。

やっぱり、この4%侮れない数値かもしれません

今日のでは、喉の乾燥がひどくなってくると、インフルエンザや風邪にもかかりやすいので、注意するように…とのこと。

そこで、私が取りだしたのが、ウスベニアオイ。
主成分に粘液質が入っているので、粘膜保護に一役かってくれます。
2011012719520000

喉だけではなく、鼻の粘膜、胃の粘膜などにもいいので、胃の弱い方にもオススメ。

今年は花粉症もひどいという情報ですので、このウスベニアオイが手放せなくなりそうです。

くせのない味なので、紅茶や日本茶、中国茶とブレンドしてもいいと思います。

カラーセラピーイベント「色祭」@西荻窪開催のお知らせ

昨年の10月末、その日だけ「台風」という状況で開催された第1回目の「色祭」
そんな状況にくじけることなく、今年もどんどん開催していこうと思います。

まず、今年の第1弾として、西荻窪で開催します。
前回同様、カラーセラピスト仲間4人で開催します。
3人寄れば、文殊の知恵と申しますが、+1人で4人も揃っています。
ってことは、それ以上のパワーがあるってこと

メインのカラーセラピーもオーラソーマをはじめとして、何種類かのセラピーをご用意しています。

その他、今回からは「氣学」のグループワークショップも開催。
もはやカラーセラピーだけではとどまらなくなってきました

当日受けられるセミナー内容

【個人コンサルテーション】
・オーラソーマ®
・センセーション
・イリスカラー®
・TCカラーセラピー
・アドバンスカラーセラピー

各20分 2,000円

使うボトルも違いますし、手法も違います。
当日ボトルを見て、ご自分の心にフィットするセラピーをお選び下さい。

【グルーブワークショップ】
カラーセラピー、氣学、アロマテラピーなどショートセミナーもご用意しています。
カラーセラピーでは、アドバンスカラーセラピーの醍醐味である「強み」を発見するためのワーク。
アロマテラピーは、乾燥に負けない保湿アンチエイジング対策用美容液を作ります。
氣学は、氣学を知って生活することで、日々どのような効果があるかのご説明や今年の運勢など。

それぞれのセッション&グループワークショップは、場所に限りがあることと準備の都合上、予約制とさせていただきますので、ご希望がある場合は、ご予約下さいませ。

材料費込で、1セミナー 2,500円です。
所要時間は、40分程度になります。

随時情報を更新していきますので、詳細は下記をご覧くださいませ。

色祭 専用HP http://shiki-sai.d2club.biz/

ご興味がある方は、ぜひいらしてくださいませ。
当日だけ大雪になるなよーって感じですが。

ネロリのハイドロソル(芳香蒸留水)

ヴィアロームから、昨年秋ごろに新発売になった、ネロリのハイドロソル。
ずっと気になっていたのですが、やっとレインボーガーデンにやってきてくれました
2011012310270001_2

アンチエイジングが重要なテーマのお年頃の私にとっては、試さずにはいられない一品です。
それだけではなく、ネロリの香りには、ふわっとした華やかさで安心感ももたらしてくれるので、期待感としては相当高かったのです

フタを開けた瞬間に、鼻にネロリの華やかな香りと優しい香りが甘さで伝わり、その中にピリっとした苦味が絶妙のバランスで入っていてたまりません
香りを嗅いだだけで、期待感が満足感にかわります。

ネロリは、ビターオレンジのお花から採取される貴重なもの。
お花からの蒸留はとても技術を要するので、精油も大変高価です。
そのネロリを今回は、ハイドロソルで使用。

私は、ハイドロソルを化粧水として使っています。顔につけた時の何とも言えない幸福感がたまりません。お花の香りって癒される~

毎日、お仕事や家事、育児などに奮闘されている方々なら、ホッと一息「ふう~~。今日も一日お疲れ様」と自分に優しくなれるひと時を持つのに効果的な気がします。
自分を癒す時間って、本当に大切
ちょっとした時間しかとれなくても、肩の力が抜けた感じのいい意味での脱力感を味わえると思いますよ
試してみたい方は、ぜひご連絡下さい。
金額は、200ml 4,200円(税込)です。

※香りの感じ方には、個人差があります。
私は、とても良い香りに感じますが、そうでない方もいらっしゃいますので、予めご了承ください。

ドクター・ヴァルネの精油たち

やっと念願のドクターヴァルネの精油を手にいれました

2011012109290001
アロマテラピーを勉強したことがある方なら、聞いたことありますよね? ドクターヴァルネ。 そう、アロマテラピーの歴史に登場する、フランスの軍医「ジャン・ヴァルネ博士」です。 博士の名前がついた精油があると知った時から、欲しくて欲しくてたまらなかったのです。 ジャン・ヴァルネ博士がどんな香りを使ったのか?興味ありません? そして、私がヴィアロームを通して出会った、ネリー・グロジャン博士も、
このジャン・ヴァルネの系統と聞けば、さらに気持ちは高鳴ります。 今回は、年末にフランスへ行った友人にお願いして、買ってきてもらいました。
メディカルユースですので、やっぱり、薬局で売っていたんだそう。 私が、お願いしたのがこの3種。 2011012109300000
◆ラヴェンダー ◆ローリエ ◆タイムチモール ラヴェンダーは、アロマテラピーでは、基本の「き」ですね。
ヴィアロームの香りと同じような、深くてもわ~んと鼻の奥で広がる感じ。
抽出部分がお花のみなので、ツンとする香りが気にならないのが特徴です。
ローリエは、一般的にはあまり使われていない精油の1つ。
何とも甘くていい香り~うっとりします 冷え症によかったり、免疫力を高めたり、インフルエンザによかったりと、
使用範囲の広い精油です。
今日は、久しぶりにスカートをはいて外出したら、足がとても冷えてしまったので、
アロマバスにしてみようかな。
タイムチモールは、ちょっとすっきり系?
芳香浴には、あまり適さず飲用などに用います。
飲用も多量に摂取すると肝臓に負担がかかってしまうので、SOSの時にのみ使用です。
これもインフルエンザなどの感染症にいい精油。
タイムは、ケモタイプのある精油で、今回はチモールのみをお願いしましたが、
リナロールも一緒に頼めば良かったなと、大後悔。
私も、フランスに行って、薬局めぐりしてみたい~。
多分、まだ日本に紹介されていない精油がたくさんあると思うんです。
って、フランス語一切わからないで、夢ばかりが膨らんで、どーすんだ?>私。



まずは、フランス語辞典ダウンロードしてみるかな。

久しぶりにバリウム飲みました。

今日は、一般企業を退職してから、初めて胃がん検診(バリウム飲用)をしました。
約8年ぶりというから恐ろしい

それまでは、毎年定期的に受けられたけれど、自営になると、自分で申請しなければ受けられないので、ついつい怠りがちに…。
そんなことではいけませんね

バリウムでの検査。
実は、あまりいい思い出がないのです。
まぁ、バリウム検査でいい思い出がある人がいるとは思えないけど

私の場合は、一般企業にいた頃は、ものすごい便秘体質。
最高で、3週間便秘だったという記録もあり(←威張るな

それから、どういうわけかゲップが出やすい体質(これは、去年あたりに気がついたんだけど)

…という2つのバリウムとは相性の悪い体質なもんで、色々な思い出があるわけです。

途中でゲップが出てしまい、バリウムを追加で最初の1/2の量を飲む
翌日の夕方まで便秘で、会社近くの内科に飛び込む
発泡剤の追加投入

毎回毎回何かやらかすんである。

そして、今日は…というと、当然何もないわけがなく…。
発泡剤を飲み足す
を、やっちまいました。
胃が膨れてないとか言われて、ぐるぐる回る診察台を途中で止められて飲用。

炭酸=ゲップなんだから、飲み足すなんて、やめてくれーーと叫びたい気分。
そうは言っても、言われるままにぐるぐる回され、終了した時には、我慢していた分のゲップが一気に出てしまいました。
しょーがないじゃん。体質なんだから…

そんなこんなで、ごぼうやら何やら、繊維質のものを購入し、先ほど帰宅。

ここからは、ハーブティーの登場です。

便秘にいいハーブティー
◆ウスベニアオイ
◆ウイキョウ
◆ローズ
今日は、ウィキョウをかなり多めにブレンド。
これで、一気に解消しますっ

一般企業にいる時も、ハーブ知ってればなぁ。
翌日にに駆け込むことだけは、避けられたかもしれない。

…と言う訳で、今日は外出するわけにもいかず、自宅で溜まっている事務的な仕事します

杭州日記…漢方の世界

食べ物のことばかりでは、なんなので…

中国の歴史を感じる漢方博物館へ
…と言っても、前出の漢方薬膳料理を頂いた建物なんだけど

中国って、4000年の歴史と思っていたのですが、中国人に聞くと7000年なんだそう。
どこで、3000年も違ってるんだ
それにしても、本当に歴史がすごいんだろうな…ということは、色々なところで垣間見れます。

さて、今回はそんな中国の中でも、私の興味のある漢方博物館へ。
この博物館自体、漢方病院とつながっていて、築200年のお屋敷。
Kb5
こんな風情ある中庭があります。

博物館の入り口でお出迎えしてくれたのが、この方
Kb3
全身のツボが点で表示されている、人体くん。
何故か、ゴールド。

Kb8
薬剤が入っていた、棚。
すごい数の薬剤があるんだなぁ~と、ため息。
ハーブのレッスンの時でも、薬用とされている植物は700~800種類くらいあるとのことなので、やっぱりこの圧巻な棚になるんだなと納得。

これは、薬剤をすりつぶしていた?道具。
さすがに年季物。
Kb2

漢方病院と併設なので、博物館と言っても、1部屋程度なのですが、迫力があったなぁ。


漢方病院はというと、こんな感じの「名医紹介」のパネルが両側に配置された、入り口を通過。このお医者さんたちのプロフィールはカード状になっていて、何が得意なのか書いてある。なので、自分の症状に合わせて、合いそうな先生を探す感じなのかな?名医だから患者が選ぶなんて出来ないのかな?
New Yearでなければ見てもらえたのにな…残念
そもそも、中国は旧歴なんだから、New Year で休まないでよと、心の中で呟いてみる。

Kb1

もちろん、普通の病院もあるけれど、中国では中医学の病院も繁盛しているんだとか。

杭州のスーパーには、漢方コーナー。
H1
中国茶の隣に堂々と並んでいます。
50種類くらい?
ハーブティとしても使用されているものが、かなりありました。
ローズ、ウスベニアオイ、カモミール、ミント、クローブ、などなど。
日本も、こんな風にハーブがスーパーに陳列されている時代にならないかなぁ。

杭州日記…油断大敵(>_<)薬膳料理

我が家の旅行は、ほとんどがフリープラン。
でも、さすがに5泊もするし、寒いし、ホテルに缶詰めっていうのも寂しいので、杭州に着くなり、オプションのツアーを探す。

今回、私をロックオンさせたのが、「漢方の体験ツアー
コースメニューとしては、

中医学の先生による、脈診
漢方マッサージ
漢方薬局見学
薬膳料理
龍井茶の茶畑見学
龍井茶の発祥の地見学
お茶博物館見学

フランスやエジプトに行って、オーガニックファームの見学をする私としては、中国の漢方もとても興味のあるところ。
こんな勉強も兼ねられるツアーなんて滅多にないぞ…ということで、このツアーに参加することに。
幸い、漢方マッサージなど、他の家族の皆さんの興味をそそられる項目とも一致したので、全員で行くことに

ところが、New Yaerなもんで、中医学の先生は1日~3日まではお休みで、すっごく楽しみにしていた、脈診は受けられず(泣)

今回の日記は、薬膳料理のみアップします。

「薬膳料理」と聞いたので、ヘルシーなお料理(量もそれなりに…)と思っていたのですが、そこは中国すっごい量…カロリーも低いだろうと思っていたのに…
結果的に翌日体重を計ったら1kgも増えた

そのお料理の数々をご覧ください。
説明は受けたんだけれど、何のことだか忘れちゃった

「廣興堂養生餐」

わかるのだけは、書きます。
1:益氣養陰茶
Yakuzen1
10種類くらいの漢方が入っています。
くこのみ、なつめ、などなど。
この漢方を食べても良いとのことでしたが、「ボダイジュ」より木っぽい感触が強くて、断念

2:沈香紫薯粥
Yakuzen13
もうすこし、お皿の位置とか考えて撮れよって感じですが、食べることに夢中なの
ちょっと甘めの紫薯の入ったお粥。美味

3:前菜2品
Yakuzen2
きくらげとナッツ

Yakuzen4
なつめときゅうり
写真撮影を待ちきれない人が、少し食べちゃった後。
「待て」が効かない家族なんです

4:補腎牛蹄筋
Yakuzen5
牛のアキレス腱
コラーゲンですよ、コラーゲン
テンションあがりまくり。こんなにたくさんのコラーゲンを食べられるなんて幸せです。

5:スープ
Yakuzen6
何にいいんだろう?
冬中夏草いりスープ…かな?

7:鳩の卵と、とうがん
Yakuzen7
鳩の卵も、コラーゲンたっぷりな感じのトロトロ感。
これも美味

8:鍋
Yakuzen8
うーんとね、、、何が入ってたんだっけ?
魚???忘れちゃった…

9:たこたけのこの激辛料理
Yakuzen9
この、右上にある唐辛子の一種らしいのですが、そうとう辛いのです。
辛いの苦手な私は、もちろん食べませんでしたが、辛いの大好きな主人でも、辛くて大変って言ってました。

10:白果油○菜(○は、日本にはない漢字)
Yakuzen10
ぎんなんものってました。
日本には入ってきていない野菜です。
ちんげんさいとアスパラと混ぜたような感じ?

11:どうみても、ジャージャー麺のアレンジ版。
Yakuzen11

美味しかったけれど、この量の〆で出てこられるとつらいです…。
が、気づけば完食していました

12:桔瓜雪蓮
Yakuzen12
かぼちゃのミニ版。
きっと桔瓜というものなのでしょう。
中に、雪蓮というタピオカのようなものが入っていました。

それぞれに、胃、肺、腎、血とか書いてあるので、そういう臓器などに効果があるのでしょう。メモ取れよ…と怒られそうですが、食べるのに夢中だったのです…。悪しからず。

どうみたって、「ヘルシー食」ではないことだけは、お伝え出来たかと存じます

杭州日記-ホテル編

  まずは、今回泊ったスパ&リゾートホテルから。

前回のブログでも書いたように、「中国」と聞いただけで、何だかテンションだったので、せめてホテルだけは、いいところにしようと言うことで【バンヤンツリー ハンジョウ(杭州)】を予約。

このホテルが、めっちゃ良かった。
2度とこんな豪華なお部屋に泊まることはないだろーな~ということで、写真公開。

まずは、フロントから見える景色
Bt1
いかにも中国な風景
左右にあるのは、ホテルのコテージ。
さすがにここは高くて泊れなかった

私たちの部屋
ぶっ飛びな広さなんである。
Bttea
まず入ると、けっこう細長い部屋なのかな?と思うけれど、ここが「お茶」するテーブル

次に右側を見ると…。
Btbr
1段高くなったところにベッドルーム。
セミダブルが2つ。
ベッドの上には、ウェルカムパンダちゃん。
ちょっとぶさいくなんだけど、かわいい

ここは、テレビみるお部屋
Btl
奥には、書斎的なテーブルあり…。
こんなリゾートで仕事する人いるんだろーか?

そして、このリビング?を書斎テーブルの方向に歩いて行くと、もう1つのスペース。
Btrr
リーディングリームなんである(多分)
ここで、本でも読め!ってことなんだろうけれど、本を読むにはちょっと暗い
ちょっと視力が衰えてきた私にとっては、暗いお部屋での読書は命取りなんである。
なので、5泊した中このエリアを使用したのは、椅子に座ってみた30秒くらいだけ

…で、左側が先ほどのベッドルームというわけで、ベッドルームを囲んで一周お部屋なんである。(ちなみにベッドルームにもテレビがあるので、1つのお部屋にテレビ2つ)
庶民な私には、テレビ2つも信じられない

そして、10畳はあろうかと思われるバスルーム
Btb
バスルームの手前にはクローゼットがあり、本当に広い。
クローゼットがバスと同じところじゃ、湿っちゃうじゃんな心配は、ご無用なんである。
何しろ、ものすごい乾燥…ハンドクリーム、リップクリーム、飲み物はベッドサイドには欠かせない。
目が覚めたら、必ずどれかを手にする

…とまぁ、こんな感じのデラックスなお部屋なんだけど、「スィート」でも「セミスィート」でもない「普通」のお部屋。

おそるべし「バンヤンツリー スパ&リゾート」
5泊もしたもんだから、スパ90分もサービスで受けられるし、ディナーも1回頂ける。
夢のようなホテルでした。


超乾燥肌のハーブケア

杭州旅行日記を書こうと思っていたのですが、それどころじゃない緊急事態に
ホテルが乾燥していたのか、はたまた杭州全体が乾燥していたのか?とにかくお肌がバリバリで、SOSを発信してくる

今日も午後になったあたりから、急速に顔から水分がなくなっていくのがわかる感じ。
こんなに乾燥したのは何年ぶり
ハーブ&アロマのスキンケアに変えてから、こんなに水分がなくなるのは初めて。

…というわけで、今日は自宅で出来るスペシャルスキンケアをすることに

ハーブゴマージュ
使用したハーブ…ラベンダー、エリカ、ウスベニアオイ

ハーブパック
使用したハーブ…ラベンダー、ローズ、ウスベニアオイ

アロマ美容液
使用したEO…ローズウッド、ラベンダー、ネロリ
何しろ、保湿が最重要課題なので、ローズウッドを入れました。

今、3ステップすべて完了で、やっと少しお肌が落ち着いた感じです。

のハーブゴマージュは、毎日やると必要な角質層までとってしまい、皮膚が薄くなっちゃうので、今日のみだけど、&は、落ち着くまでしばらく続けてみようと思います。

早くいつものお肌にもどらないかなぁ…。ふぅ…(ため息)

明けましておめでとうございます。

明けましておめでとうございます。
本年もどうぞよろしくお願い致します。

今年も、カラー、アロマ、ハーブを通して、心と体を元気に…そしてHAPPYになるためのセミナーを開催していきたいと思っています。
たくさんの方と、ご縁が出来ますように

さて、この年末年始は、恒例となった年末旅行に行って来ました。
場所は、中国の杭州。

風光明媚な美しい街でした。
西湖の周りは、本当に「中国」を物語るような場所で、悠々と流れる時間を感じることができました。またすごしやすい季節に行きたいなぁ…と思いました。(ちょっと寒すぎた…)

中国と言えば、数年前に初めて行ったのが上海。
あまりの人の多さに圧倒され、どうしていいのやらわからずちょっと苦手…いや、本音的には、かなり苦手で、もう中国は行かなくてもいいや的なエリアになっていたんですが、今回他のエリアが取れなかったもので、意を決して「杭州」へ

上海から近いし、風光明媚な街とは聞いていたものの、やっぱり気持ちが気味。
しかも、出発前に調べたら、31日&1日の最低気温が-9℃とのことで、テンション下がりまくりで行ったのですが、そこまで下がることはなく、何とかしのいできました。
龍井茶のお茶畑を見たり、漢方薬局を見たり、ハーブと触れ合う機会もあり、大いに刺激されましたもっともっと、色々なことを勉強したいなと意欲満々です

今回は、新年のご挨拶なので、杭州報告は、また追って書きます。

Omikuji
これは、今回引いたおみくじ。
おみくじが7つぐらいのカテゴリーに分かれていて、最初は「福」という壺から引きたかったんだけれど、それは50~60代の人が引くおみくじとのことで却下され
「仕事」の壺に。

「上縁」

と書いてあります。

すごく人との縁がある1年になりそうとのこと。
今は、池の中にいるけれど、海に出ることによって運気がどんどんアップすると、おみくじを解説してくれるおじさんがおっしゃってました。

池から海か~

囲まれた場所から、海へ。
淡水から海水へ。
池→川→海。

道のりは、楽じゃないかもしれない。
淡水から海水へ変わるんだから、生息するのも困難かもしれない。
でも、このおみくじに後押しされながら、今年一年頑張ってみようと思います。

Omikuji2
↑このおじさんが解説してくれました

« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

他のアカウント

無料ブログはココログ