フォト

最近のトラックバック

« 久しぶりにバリウム飲みました。 | トップページ | ネロリのハイドロソル(芳香蒸留水) »

ドクター・ヴァルネの精油たち

やっと念願のドクターヴァルネの精油を手にいれました

2011012109290001
アロマテラピーを勉強したことがある方なら、聞いたことありますよね? ドクターヴァルネ。 そう、アロマテラピーの歴史に登場する、フランスの軍医「ジャン・ヴァルネ博士」です。 博士の名前がついた精油があると知った時から、欲しくて欲しくてたまらなかったのです。 ジャン・ヴァルネ博士がどんな香りを使ったのか?興味ありません? そして、私がヴィアロームを通して出会った、ネリー・グロジャン博士も、
このジャン・ヴァルネの系統と聞けば、さらに気持ちは高鳴ります。 今回は、年末にフランスへ行った友人にお願いして、買ってきてもらいました。
メディカルユースですので、やっぱり、薬局で売っていたんだそう。 私が、お願いしたのがこの3種。 2011012109300000
◆ラヴェンダー ◆ローリエ ◆タイムチモール ラヴェンダーは、アロマテラピーでは、基本の「き」ですね。
ヴィアロームの香りと同じような、深くてもわ~んと鼻の奥で広がる感じ。
抽出部分がお花のみなので、ツンとする香りが気にならないのが特徴です。
ローリエは、一般的にはあまり使われていない精油の1つ。
何とも甘くていい香り~うっとりします 冷え症によかったり、免疫力を高めたり、インフルエンザによかったりと、
使用範囲の広い精油です。
今日は、久しぶりにスカートをはいて外出したら、足がとても冷えてしまったので、
アロマバスにしてみようかな。
タイムチモールは、ちょっとすっきり系?
芳香浴には、あまり適さず飲用などに用います。
飲用も多量に摂取すると肝臓に負担がかかってしまうので、SOSの時にのみ使用です。
これもインフルエンザなどの感染症にいい精油。
タイムは、ケモタイプのある精油で、今回はチモールのみをお願いしましたが、
リナロールも一緒に頼めば良かったなと、大後悔。
私も、フランスに行って、薬局めぐりしてみたい~。
多分、まだ日本に紹介されていない精油がたくさんあると思うんです。
って、フランス語一切わからないで、夢ばかりが膨らんで、どーすんだ?>私。



まずは、フランス語辞典ダウンロードしてみるかな。

« 久しぶりにバリウム飲みました。 | トップページ | ネロリのハイドロソル(芳香蒸留水) »

アロマテラピー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 久しぶりにバリウム飲みました。 | トップページ | ネロリのハイドロソル(芳香蒸留水) »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

他のアカウント

無料ブログはココログ