フォト

最近のトラックバック

« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »

2011年3月

スーちゃんスクール文化祭

26日、27日と原宿の母ことスーちゃんが開催する、「スーちゃんスクール」の文化祭に、オーラソーマ&アロマのコンサルテーションブースとして、参加してきました。

この文化祭は、「東日本大震災復興へむけてのチャリティー」として行われました。
スーちゃんのこの御意志に賛同して下さった、たくさんの生徒さんやそのご友人、または通りがかりの方など本当にたくさんの方々が参加して下さり、大盛況でした

参加して下さる皆さまから聞こえた声としては、

「土日に、遊んでしまうのは、何だか申し訳ないような気がしていたので、こうして手相、タロット、カラーセラピー、アロマなどのセラピーや占いを受けながら、義援金として活用してもらえれるなら、こんな嬉しいことはない」…と、おっしゃって、全ブース回って下さる方もいらっしゃいました。

「今の私に出来ること…」

みなさん、本当に被災地に心を向け、取り組んで下さっているんだと実感しました。
私も、今回は、もちろんボランティア参加でしたが、私のセラピーで、受けて下さった方々の心が軽くなり、さらに被災地の方々への義援金にもなると思うと、いつもよりももっともっとやりがいを感じました。

「今の私に出来ること…」
今の段階で、直接被災地に赴くことは出来ませんが、東京でジタバタしているだけではなく、こういうチャリティでのコンサルテーションも、直接的ではないかもしれませんが、私の出来ることの1つなんだと認識しました。
今回は、本当に長期戦になると思います。
今、被災地のみなさまに向けている思い、これからずっとずっと心に持ち続けて行動したいと思います。

私たちが定期的に行い始めた「色祭-shikisai-」も、こんな形で、被災地&いらして下さる皆さまへのセラピーが出来たらいいな…と思い、さらに企画を練らせて頂いているところです。(次回は、4月16日(土)横浜・馬車道にて開催です)

内容が決まりましたら、このブログやHPなどでご案内致します。
御賛同頂ける方のご来場をお待ちしております。

昭和50年代ってどんな生活だったっけ?

原発、余震、計画停電など、東京に住んでいても、まだ落ち着かない日々が続いていますね。
そんな中、私は今週から復活してきた感じがします。

今週は、震災後初の夜外出。
19時からのセミナーに参加してきました。
セミナー会場は、赤坂なのですが、節電大協力中の赤坂界隈。
計画停電エリア外ですが、積極的に取り組んでいる感じがしました。

地元スーパー、商店街も、積極的に取り組んでいる店舗がいっぱいあります。
それぞれ、出来る範囲で工夫なさっている姿が想像できます。

スーパー、ドラックストアなど薄暗いのですが、最近は「この程度の明かりで充分」と思えます。今まで、どれだけ電力消費してきたんだろう…。
人類みんなで反省しなければなりませんね。

そもそも、こんなに豊かに電力を使うことをしなくても、生きていかれるのに、何とまァ無駄なことを…こんなに使うから原発も必要になるんじゃん
みんなが少しでも、電力のありがたさを感じながら、必要な時に、必要な量だけ電力を使うよう心掛ければ、それだけでもかなりの違いがあると思うんですよね。


いったん、計画停電は4月中で終了するみたいですが、また夏には再開とのこと。
今度は、23区も対象。
…いいと思います
計画停電の大変さも、みんなで共有するべきと感じます。
都下、埼玉エリア、23区の一部の方だけが、大変な思いをされている時に、節電はしているものの、いざとなれば電気がある「安心した」生活が送れる…。
これはやっぱり不公平ですよね。
現在計画停電エリアではない私としては、本当に御苦労されている皆さまに申し訳ないと感じています。
不便さ、不安感など、みんなで共有して、電力との向き合い方を考える時なんだなと感じます。

原発に頼らず生活することは、不可能に近い状況だと思います。
でも、原発を使い続けるということは、今回のリスクを背負わなくてはならないということ。だれ(どこ)が背負うのか?
関東で使う電力を、他の地域の方にお願いするのはあまりに気の毒すぎる…。
今までは、本当に失礼な話ですが、そんなこと感じずに生活してきてしまいました。
でも、福島県の方は、「安全だから」とは言われつつも、色々な不安を抱えながら生活なさっていらしたんだと思います。

今回の恐怖を日々感じながら、生きて行かなくてはならない民族なんだと思います。
地震大国日本に生まれた、宿命とも言えますね。

この怖さと向き合いながら、自分たちの在り方を何とか改善していかないと、本当に日本に未来がないような気がします。

技術者や研究員の方々に難しいことはお願いするとして
個人レベルでも、出来ることって何だろう?
って、思って行きついたのが、まだあまり原発に頼っていない、
「昭和50年代の生活をする」こと
当時は、何不自由ない生活をしていたつもりです。
今から見れば、色々なものがないように感じますが、当時は、不便さは感じていなかった。
と思い、何があったか考えてみると…。

・冷蔵庫
・洗濯機
・テレビ、ビデオ
・電子レンジ
・掃除機
・扇風機(エアコンは、まだ家庭によってはついていなかったか
・自動車

あれっ?
生活必需品は、みんなあるじゃん
あの頃より、多分全品目省エネモードになっているだろうから、今のを使っても大丈夫か
先日買った、ホウキは、もうこの時代には使ってなかったか
昭和40年代以前だったのね…でも、楽しいからやり続けます

逆になかったもの
・パソコン
(パソコンないと、会社が成り立たないから必要ね
・携帯電話
(これは、緊急の時に使うからな~必要か…)
・ウォシュレット
(ふたなんて、自動で開かなくてもいいじゃん
・乾燥機(今も我が家にはないけど
・食洗機(同上)
・テレビゲーム類
・カラオケ
・24時間営業のお店
まだまだありそうですが、いざとなると思いつかない
これを使うなとはもちろん言いませんが、少しでも使い方、関わり合い方考えてみるとかするのもいいと思います。

企業やスーパー、商店、ドラックストアなど、夏場に入ると「ひんやり」気持ちよかったお店たちの設定温度を5℃あげるとどんなだろう?
外より若干マシ程度になればいいのではないか?
夏場に女性が上着、ひざかけを使わないでよい温度になれば、健康状態も改善されるし、一石二鳥?

駅に設置されているエレベーターも、使用中止になっているところが増えています。
階段を使うことで、みんなの体力アップとメタボ解消になりそうで、これも一石二鳥?
お年寄りや体の不自由な方、赤ちゃんのベビーカーがある方、荷物が多い方のために、エレベーターだけは残しておいて、全部止めちゃえば???くらいに思ったりして

使わないことで、健康を改善または、維持できるものたくさんあると思います。
どんどん奨励していくべきと考えます。

自分らしい時間を過ごす

今日から、3連休が始まりました。
東京は、お天気も良く、春の陽気で気持ちも少し軽くなります。

被災地では、どんどん復旧作業が進み、宮城県塩釜港などが開港したとのこと。
これで救援物資が運びやすくなります。
塩釜市は、仙台市と石巻市の中間あたりの地点。塩釜港が開港出来たのは、非常にメリットが高いと思われます。被害が大きかった、野蒜を含む東松島市にも近いし、私の住んでいた多賀城市とはお隣。被災者の方に必要なものがどんどん届きますように…。

そんな被災地では、小中学校の登校日があったりと、大変な中でもみなさんの復興へ向けての生活が始まっているんだということに、勇気をもらいました。
私は自宅で、右往左往していただけなのに…。
本当に頭が下がります。私も、こうしちゃいられないぞ

そんな思いの中、今日は、久しぶりに池袋まで外出してみました。
震災後、練馬界隈での生活だったので、電車に乗るのも1週間ぶりです。

電車は、昼間ということもあり、車内は消灯。
多少薄暗くて、本などは読めませんが、不自由はありません。
本当に今まで、豊か過ぎる生活をしていたのですね。

池袋は、いつも通りの人通り。
Cafeやレストランをのぞくと、家族や友人とランチしていたり、デート中のカップル、1人で読書をしながらお茶をする人などなど…。

「自分らしい時間を過ごす」

すごく大切なことだと思いました。
毎日続く原発のニュースや、余震への不安など、皆さまたくさんのこと胸の中で感じていらっしゃると思います。
今日のような休日には、自分のお友だちなどを会って、お話して共有する。
とても大切なことです。
今週1週間は、色々なことが予断を許さない状況でしたし、通勤の方は電車など交通機関の影響で、とても大変な日々をお過ごしだったと思います。
また、計画停電エリアに該当している方々は、夜間の停電など、不安がつのる時間をお過ごしだったと思います。

その時感じたストレス、ガマンしていた思い…。
今日は、お友だちと大いにその思いをお話して、心を軽くして下さい。
思いをため込むと、ストレスがたまってしまいます。
たくさんおしゃべりして下さいね。

そして、ケーキなどの甘いものを食べましょう
脳にとっては、糖質がエネルギー源。
今週1週間の緊張しきった脳に、あま~いエネルギーをあげて下さい。
ストレスがたまっていると自覚している間だけは、ダイエットは二の次ね

…そんなこと言わなくても、今日はケーキ屋さん大盛況
みなさん、自分の「緩め方」よくご存知でした

我が家も、GIOTTOのケーキ買いました

地震酔い対策のためのリラックス法

みなさん、つつがなくお過ごしですか?
オレンジのセルフケア、実践して頂いているかしら

私は、先ほど「オレンジ」食べました

買占めが続いているようで、ほぼ日課のようにスーパー巡りしていますが、(リサーチしているだけでほとんど買ってない。よーするにヒマってこと)今日あたりは、牛乳もパンもお米も箱ティッシュもお店に山積みされていました。
今日は、流通が比較的よかったのか?

本当のところは、買いだめしていた方々のお家が荷物で溢れかえって、これ以上要らない状態になったのでは?と踏んでいます
買い占めた方、節約しながら有効的に使って下さいね

…という訳で、少しずつではありますが、落ち着きを取り戻した感じがします。

さて、それはいいとして、私も感じているのですが、みなさん

「地震酔い」みたいな症状続いていませんか?

何だか、いつも地面が揺れているような…。
道路を歩いていると、ふらふらしてまっすぐ歩いていないような…。
昨日あたりは風も強くて、強い風が吹いて、揺れただけでも一瞬ビクリとしたりとか…。
あげくの果ては、自分で椅子を揺らしておきながら、「あっ、地震だっ」とドキドキしたり…。
(それでいて、本当の余震の時は、気づかないんです、アタクシ

それもこれも、やっぱりあの地震の後遺症なんだと思います。
東京でさえ、あんなに長い間揺れたのですから、「地震酔い」のような症状が出ても仕方ないかと…。

これは、またあのような大きな地震が来たらどうしようという「不安感」から来るものだと思います。

そんなわけで、リラックス法を今日もお伝えしようと思います。

日中、今日のようないいお天気の場合は特に、きちんと太陽の光を浴びる
これ、やみくもに外を歩けばいいというわけではなく、ちゃんと「太陽を浴びている」ということを意識しながら空を見上げて、深呼吸するのがオススメ。
会社のお昼休みとか、食後のリラックスタイム、お買いものに向かう途中でも何でもOK
こんな時だからこそ、ちょっと緑のある公園に行ったり、マンション住まいの方なら、ベランダに出たりと、直接太陽の光を充分に浴びて下さい。
一番のエネルギーチャージになります。

夜になって、余震などが来たりして、不安感に陥った場合
これもやっぱり深呼吸がオススメ。
1分くらい時間をかけて、目を閉じて身体のすみずみ(頭の先から足の先まで)酸素を送りこむような意識を持って深呼吸してみましょう。
心がすごく落ち着くと思います。

適度にストレッチなどをして身体をほぐす
緊張しているとどうしても身体がこわばります。
一日に何度か自分流でOKですので、ストレッチをしてみましょう。

耳マッサージ
耳にはツボがいっぱい。ひっぱったり、ひっぱってぐるぐる回したり、折り曲げたりして、刺激を与えてあげましょう。

ラベンダー、オレンジなどのエッセンシャルオイルを利用した芳香浴
不安感を鎮めてくれるのに役立つエッセンシャルオイルです。
先日から何度もお伝えしていますが、就寝時には本当にいいと思います。
ティッシュにそれぞれ2滴程度たらして、枕元に置いて寝てみて下さい。

リラックスできるハーブティを飲む
不安感を取り除いてくれるのは、
・ローズ
・ラベンダー
・カモミール
・リンデンフラワー
この4種類ブレンドしてもOKですし、シングルでもOK。
夜に飲んで、ストレスを和らげるのにいいと思います。

たとえば、地震後胃の調子が今ひとつよくないなどの症状がある方は、「カモミール」を飲んでみるといいかもしれません。
私のところでもご注文承れますが、発注配送などに時間がかかるので、こうなったらお近くのショップで買ってみて下さい。(たまに美味しくないのにあたるかもしれないけど

みなさまが、少しでも心が安らぎますように…。

最後に今日お買いものに出かけた際、桜並木でせっかちさんの桜の樹が1本ありました。
まだ、他の樹には硬いつぼみがあるかないかなのに…。
春を待ち切れなかったのでしょうか?桜の樹のウキウキ感が感じられます。
Sakura
春がそこまで来ています。
薄いピンクのお花に心が洗い流されました

オレンジ色で心のセルフケア part2

昨日、オレンジ色での心のセルフケアを書きました。
色々な方が読んで下さったみたいで、嬉しいです。

今日も、郵便局などへ行く用事があり外出したのですが、オレンジ色のお洋服を着ている方がたくさんいらっしゃる。
男性の方のほうが多かったのが、とても印象的です。
みなさん、実際には「色彩言語」なんて知らなくても、自分の無意識はきちんと反応しているんだな…と再確認しました。
たくましいですね。

私も、昨夜は少しオレンジのエッセンシャルオイル(精油)の量を多めにして、ラベンダーとブレンドして枕もとに置いて寝ました。
オレンジの甘い香りに包まれながら、いつもよりもぐっすり眠れたような気がします

大人もものすごくストレスを感じていますので、お子様たちのストレスは、計り知れないものがあると思います。

お子様がいらっしゃる方は、ぜひこのオレンジ作戦やってみて下さい。
もちろん大人でもOKです。

お洋服にオレンジ色を取り入れる。
学校に通ったりして、ご家族から離れる時があると思います。まったく何も感じていないようなお子様たちでも、無意識の中では、恐れがあると思うんです。
なので、少しでも回避するために、ぜひやってみて下さい。

オレンジジュースを飲ませる。ミカン類を食べさせる
これもかなり効果的です。今、スーパーなどでみなさん買占め行動に出られていますが、何故かミカン類は、大量にあまってる(笑)
非常食や日用品も大切ですが、本当に心や体にいいものを買えばいいのに~と、いつも思いながら、ひっそりとミカンを買う私

お花などを買う場合は、オレンジ色のお花を多めに取り入れる。
生花にも癒しのパワーがあります。女の子だけではなく、もちろん男の子にも有効なので、ぜひお試しを。よく目につくところに置いてあげるといいですね。

ご自宅にあれば、オレンジのエッセンシャルオイルを芳香浴で使う。
オレンジは、拡散力があるので、ティッシュに垂らしただけでも、充分に香ります。
夜暗くなって、不安感が高まる時、または計画停電が夜間に行われている場合に有効的です。
もちろん、夜寝る時に、枕元に置いてあげるのもいいです。

少しでも、みなさんのストレスが軽減しますように。

※ヴィアロームのオレンジの精油、ただいまフランスからの入荷待ち
一応、予定では20日過ぎに入るということなので、ご予約は承ります。
震災による影響で、遅れるかもしれませんが、その点はご了承ください。

10ml 1,800円(税込価格 1,890円)

オレンジで心のケアを…。

震災後、本当に大変な状況の中で、みなさんお過ごしのことと思います。
被災地の方々、日本中が応援しています。
何とかこの状況を乗り越えて下さいませ。

東京の人たちは、ちょっとパニック気味かなと思えます。

スーパーなど、開店直後行ってみなさん色々なものを買い込んでいらっしゃる方がたくさん見受けられますが、本当にそれ&その量が必要なんだろうか?と首を傾げたくなります。
その様子を見ているということは、私もスーパーには、行っているのですが、その日に必要なものだけを買うようにしています。
なので、私が必要とするものは、みなさん全然関心がないらしく、どこに行っても買うことが出来ます

多分、お家の中を見ると、買いそろえた物で満杯になっていると思いますので、そろそろ安心して、冷静に過ごすことを考える時期に入ってきている…と思えます。

そんな状況も踏まえ、今日はストレスケアをご紹介。
テレビでは、盛んに「心のケア」を…と、報道し始めました。

でも、実際心のケア(セルフケア)の仕方をわからない方も多いのでは?
と、思い、自宅で簡単に出来るセルフケアをご紹介します。

キーポイントになるのは、

「オレンジ」

色(視覚)で取り入れるのも、香り(嗅覚)で取り入れるのも、どちらも有効的です。
オレンジ色は、ショックを吸収する色なのです。


【視覚で取り入れる】

オレンジ色のものを積極的に食べる(ミカン類、人参など)
調理中や、ミカン類の皮をむく時に、視覚からオレンジ色を取り入れます。

オレンジ色のものをなるべく身につける
防災グッズや、その他必要なものを購入する場合は、何色か選択の余地があれば、オレンジ色のものを選んでみるといいでしょう)

オレンジ色のものをなるべく視覚に取り入れる。

ちょっと外に出ると、オレンジ色のものって結構あります。
郵便ポスト、道路にあるミラー類、食べ物屋さんの看板など…。
とにかくオレンジ色は意識して「目視」して下さい。
意識のレベルではさほど変化がないかもしれませんが、無意識レベルで、少しずつですが確実に心身を癒してくれているはずです。

【嗅覚/味覚で取り入れる】
お子様には特に効果的ですので、余震が起こるたびに、11日の大地震を思い出して恐怖におびえるようなお子さんには、ぜひやってあげて下さい。
視覚と重複するのですが、オレンジ色のものを積極的に食べる(ミカン類、人参など)
こちらは、直接体内にオレンジ色の持つパワーを取り入れます。

オレンジのエッセンシャルオイルの香りを嗅ぐ(一般の方にはアロマオイルのほうがわかりやすいかな?)
今は、節電が盛んに言われていますし、ろうそくも緊急時のために取っておきたいので、ティッシュをたたんで、そこに何滴か垂らして香りを嗅ぎます。
嗅覚は大脳に直接的に働きかけます。ホルモンバランスを整えたり、感情に働きかける脳の器官に直結するので、オレンジの香りを嗅ぐことで、安心感や気持ちを明るくするなどの効果が得られると思います。
夜が特に、不安感が強くなったりしますので、オレンジのエッセンシャルオイルの香りに包まれながら、眠るとぐっすり安眠できると思います。
(ラベンダーとブレンドするとなおGoodです)

震災後、私に何が出来るのか?考え続けていますが、こうして「心のケア」のお手伝いをしていくことも私の出来ることの1つとしてとらえ、色々な方法をお伝えしようと考えています。



昭和生活のススメ

地震発生から、日にちが経つにつれ、全容が明らかになりつつあり、本当に目を覆うばかりです。これが、日本なのでしょうか…。画面を見ているだけで、胸が痛みます。

私は、宮城県に13年間住んでいたので、被害があった地域に友人知人がたくさんいます。
その方々とは、お家の電話しか知らないので、今のところまったく連絡が取れません。
多賀城市に住んでいたので、そこに集中的に知り合いが多いのですが、その他にも高校時代の親友が、名取、塩釜などに住んでいます。
何とか、避難所で生活していますように…。生きていて欲しいです。
(もちろん、友人知人に限らず、多くの人が助かることをお祈りします)

さて、東京は今日から「計画停電」が始ります。
まだ、実際には行われていないようですが、準備は万端に整えておかなければ…。
でも、みなさまに物資が行きわたるように、必要な量だけ買い足して行こうと思います。
パンなどたくさん買って、結局捨てるようなことにならないようにしないと…。
パン屋さんなど、つかみどりに近いプチパニックのようですが、落ち着いて購入しましょうね。

そんな中、節電呼び掛けを受け、掃除機を使ってのお掃除も何だか憚られたので、早速昔ながらのホウキを購入してきました
ホコリの取れるクイックルワイパーなどもあるのですが、どうも取りきれない感じがしたので、買ってきたのです。

イヤ~。掃除してみてビックリ。
普段は掃除機が吸い取ってくれるから、どれだけほこりやゴミがあるのか自覚がなかったのですが、ホウキで掃除してみると…。出てくる、出てくる…ホコリガイッパイ
「ウチ、キタネーナー
…と言葉まで汚くなってしまいました

でも、便利な家電を使ってしまうと、現状が見えなくなる…。
何だか、自分たちのこころにもつながっているような気がしました。

マゼンタの色彩言語
「細かいことにも配慮する」
言葉で、お伝えすることは多いのですが、本当に自分が出来ていたのか?
お掃除をしながら、全然家の中の現状に気付けていなかった自分を反省。
日常のことを怠ると、心の細部には気づけません。
色々なことを感じることが出来る、有意義なお掃除でした。

ホウキでの掃除は、子供の頃はやっていたのに、今やってみるととっても大変。
かなり汗ばみます。
ダイエットを兼ねて、しばらくこの昭和式お掃除やってみようかな。

その他、節電を兼ねて、昔ながらの生活をしてみようと思います。
「昭和生活」…ちょっと不便だけれど、人の力でやれることがたくさんある
色々なことに気づかせてくれる生活です。

被災者の方々に思いをはせ、今の自分に出来ること、少しずつやってみようと思います。
小さなことでも、日本の復興のお役に立てれば…。
そう信じて、頑張ります

地震災害用伝言ダイヤル171

みなさま、地震は大丈夫でしたか?
まだ、帰宅途中の方大勢いらっしゃると思います。

食糧、水分、トイレ休憩などしながら、帰宅して下さいね。
首都圏は、バスは動き出しているという情報があります。
どこかでバスに乗り込む、または住宅地などは、誰かが乗ってきたタクシーが空車で走っていることがまれにあります。(私も、そういうタクシーに偶然に乗れました
なるべく、きょろきょろしながらタクシー見て下さい。

首都圏では、今日中の鉄道の再開はないとテレビで報道しています。

無理に帰宅しようとせず、職場の方は職場に待機した方が安全な場合もあります。
あちこちに、一時避難所が設置されているようなので、そういうところを利用するのもいいと思います。
ご自分の体力、体調などを考えて、慎重に行動して下さいね。

皆様の安全をお祈りしています。

■ 携帯電話の災害用伝言板
NTT Docomo
http://www.nttdocomo.co.jp/info/disaster/

au
http://www.au.kddi.com/notice/dengon/

■ 災害用伝言ダイヤル171
http://coden.ntt.com/service/dengon/disaster.html

ソウルから、帰ってきました

昨夜12時を回る頃、無事にソウルから帰ってきました
充実の4日間でした。

カラーセラピストとして、感性を磨く旅とか言っておきながら、食べる買い物に明け暮れたような
そんなものです、私の旅…。

『よしっまた頑張るぞっ』と、意欲満々に充実出来たので、◎とします。

本当は、東大門でカラーセラピーのツールになるようなカラーバリエーションのあるリボンなどを購入してきたかったのですが、想像を絶する規模で、すっかり尻込み
だって、学校の体育館や武道館みたいな大きさのところに生地屋がびっしり…。
あまりの量に圧倒されてしまった…。
問屋街なので、最小ロットがどのくらいだかもわかんないし(要するに韓国語がしゃべれないので交渉が出来ない
まさに、「出直して来る」という感じでした。
ガイドつけるか、韓国人と知り合いになるかだな…。

くやしさまぎれに、リボン屋さんでパチリと撮ってきました。
2011030813290000

ソウルは、王宮や、古きよき韓国、エネルギッシュな現代的な街が1か所に集中しているので、とても興味深い街です。
北村という、両班(韓国の貴族階級)の家が並ぶ、昔ながらの通りを散策したり、南山に歩いて行ってみたりと、一日平均25,000歩という私としては、驚異的な数字をはじき出しながらも、美味しいものをいっぱい食べ、1gも痩せることなく帰ってきました

マニキュアの陳列がおもしろかったので…。
2011030712000000
こんな感じで底を見せてます。
カラフルな陳列に心も弾みます。

日本ではあまりこういう陳列を見ないので、新鮮でした。

こういうことに興味を持ったということは、「発想を変える」が私のテーマなのでしょう。

自分のテーマにも気づけた、ユニークな旅でした

明日から、ソウルです

マイルの有効期限がせまってきたので、ソウル便とっちゃいました
しかも、羽田発08:30便…。
ゆえに明日は、4:30am起きです
起きれるのか?

それはいいとして…。
今回のソウルは、もちろん「遊び」が主流ですが、韓国は、とても色彩豊かな国。
町中に色が溢れています。
そんな中で、カラーセラピストとしての感性を磨くとともに、カラーセラピーで使えるようなグッズはないか?

私の頭の中にある、カラーセラピーコースのヒントになるものがないか?
あちこち見て回りたいと思います。

それぞれの国に、それぞれの色彩がある…。
南仏の「色」を主張するキレイなお花たち、エジプトの砂漠でベージュ一色の国、杭州の墨絵のような色彩感など…。
行ってみないとつかめない色彩感覚。
ソウルは、何度か行っていますが、今回はセラピスト目線で見て来ようと思います。

な~んて、偉そうなこと言ってますが、食べて買い物して、エステして…。
で、終わらないように気をつけます

« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

他のアカウント

無料ブログはココログ