フォト

最近のトラックバック

« 地震酔い対策のためのリラックス法 | トップページ | 昭和50年代ってどんな生活だったっけ? »

自分らしい時間を過ごす

今日から、3連休が始まりました。
東京は、お天気も良く、春の陽気で気持ちも少し軽くなります。

被災地では、どんどん復旧作業が進み、宮城県塩釜港などが開港したとのこと。
これで救援物資が運びやすくなります。
塩釜市は、仙台市と石巻市の中間あたりの地点。塩釜港が開港出来たのは、非常にメリットが高いと思われます。被害が大きかった、野蒜を含む東松島市にも近いし、私の住んでいた多賀城市とはお隣。被災者の方に必要なものがどんどん届きますように…。

そんな被災地では、小中学校の登校日があったりと、大変な中でもみなさんの復興へ向けての生活が始まっているんだということに、勇気をもらいました。
私は自宅で、右往左往していただけなのに…。
本当に頭が下がります。私も、こうしちゃいられないぞ

そんな思いの中、今日は、久しぶりに池袋まで外出してみました。
震災後、練馬界隈での生活だったので、電車に乗るのも1週間ぶりです。

電車は、昼間ということもあり、車内は消灯。
多少薄暗くて、本などは読めませんが、不自由はありません。
本当に今まで、豊か過ぎる生活をしていたのですね。

池袋は、いつも通りの人通り。
Cafeやレストランをのぞくと、家族や友人とランチしていたり、デート中のカップル、1人で読書をしながらお茶をする人などなど…。

「自分らしい時間を過ごす」

すごく大切なことだと思いました。
毎日続く原発のニュースや、余震への不安など、皆さまたくさんのこと胸の中で感じていらっしゃると思います。
今日のような休日には、自分のお友だちなどを会って、お話して共有する。
とても大切なことです。
今週1週間は、色々なことが予断を許さない状況でしたし、通勤の方は電車など交通機関の影響で、とても大変な日々をお過ごしだったと思います。
また、計画停電エリアに該当している方々は、夜間の停電など、不安がつのる時間をお過ごしだったと思います。

その時感じたストレス、ガマンしていた思い…。
今日は、お友だちと大いにその思いをお話して、心を軽くして下さい。
思いをため込むと、ストレスがたまってしまいます。
たくさんおしゃべりして下さいね。

そして、ケーキなどの甘いものを食べましょう
脳にとっては、糖質がエネルギー源。
今週1週間の緊張しきった脳に、あま~いエネルギーをあげて下さい。
ストレスがたまっていると自覚している間だけは、ダイエットは二の次ね

…そんなこと言わなくても、今日はケーキ屋さん大盛況
みなさん、自分の「緩め方」よくご存知でした

我が家も、GIOTTOのケーキ買いました

« 地震酔い対策のためのリラックス法 | トップページ | 昭和50年代ってどんな生活だったっけ? »

ホリスティック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 地震酔い対策のためのリラックス法 | トップページ | 昭和50年代ってどんな生活だったっけ? »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

他のアカウント

無料ブログはココログ