フォト

最近のトラックバック

« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »

2011年10月

色祭vol.4~幸せを呼び込む、来年の強運カラー~

今日は、イベントのお知らせです!

色祭vol.4の開催が決定致しました。

今回のテーマは、「幸せを呼び込む、来年の強運カラー」

ファッションなどでは、「流行色」がありますね。
そして、占いなどでもよく見られる「ラッキーカラー」

みなさん、普段からお洋服、ネイル、ハンカチ、手帳、バッグなどを選ぶ時には、色を意識しているはず。その日の自分の気分や雰囲気、全体のコーディネートにあわせたり、毎日毎日色の選択をしているはず。
男性でも、ワイシャツの色やネクタイなどかな
「ここが勝負!!」というプレゼンや会議、商談、合コンなど、ご自分の強運カラーをお守りに持っていると、運気は断然アップ

今回のイベントでは、オーラソーマ®のボトルを使って、

来年のあなたの「強運」カラーを導き出します。

年末になると「来年の運気をあげるカラー」など特集されますよね。
このイベントは、雑誌やTVでの大勢に向けてのアプローチではなく、一歩踏み込んで自分だけの活かし方を見つけられるオリジナリティ溢れるセッションです。

あなたにとっての強運カラーは、何なのか?
知りたい方は、ぜひいらしてください。

ちなみに、私の来年の強運カラーは、
011_2
ラブリーでかわいいでしょ?
…と、一言で終わらせたいところですが、このボトルかなりパワフルなメッセージが

オーラソーマ®のボトルには、すべて番号もついていて、このボトルの№は「11」。
門や扉を表しています。
私は、来年は何か新しいことの門の前にいる年ということですね。
この門を開けて、次の新しい世界へ入っていくのか?
はたまた背を向けて帰るのか?

もちろん、私は一か八かでも、この門を開けて前に進みたいと思います
(おいおい、計画性というものはないのか?と突っ込まないでね!)

その一か八かに置かれた時の、強運カラーがクリアーピンク
さて、この色をどういう風に利用していくのか?
ここから、個人的なお話をすすめていくという形になります。
強運カラーの活用の仕方を、それぞれの個性豊かなセラピストが、紐解いていきます。

さらに、今回のイベントでは、下記のどちらかお好きなほう1つをお伝えします。

あなたの生まれながらに持っているテーマカラー
来年に何かテーマ(「転職」「起業」「事業拡大」「結婚」「引越し」「お子さんの受験」などなど)がある方は、そのテーマの強運カラー


【Event情報】
日時:
2011/12/03(土) 12:00 ~ 18:30

場所;
I-CAFE  東京都新宿区坂町25-1 ニューハイム坂町2F

最寄駅:
都営新宿線 曙橋駅 徒歩3分 有楽町線/副都心線 市ヶ谷駅 徒歩12分
丸の内線 四谷三丁目駅 徒歩7分 JR四ツ谷駅 10分

定員:40名

会費:¥2,000-(お茶付き)

※予約優先となります。
※お1人様、20分でのセッションとなります。下記の時間帯の中からご都合の良い時間をお選びください。
※ご希望のセラピストがいる場合は、御指名下さい。

セラピスト名
●アヴェック・プレジール Avec plaisir  中嶋 慧衣
●Le Ciel ~ル・シエル~  青地 祥江
●レインボーガーデン  篠原 由香

 12:00~12:20  ×ご予約済
 12:25~12:45  ×ご予約済
 12:50~13:10  ○
 13:15~13:35  ○
 13:40~14:00   ×ご予約済
 14:05~14:25  ×ご予約済
 14:30~14:50  ×ご予約済
 14:55~15:15  ×ご予約済
 15:20~15:40  ×ご予約済
 15:45~16:05  ×ご予約済
 16:10~16:30  ×ご予約済
 16:35~16:55  ×ご予約済
 17:05~17:25  ×ご予約済
 17:30~17:50  ×ご予約済
 17:55~18:15  ○
丸印は、現在私がご予約を承れる時間帯です。

※アヴェック・プレジール 中嶋 慧衣のセッションのみ14:05以降に承ります。

「shik.. 3.pdf」をダウンロード

来年をさらに輝かせる強運カラーを見つけに、ぜひたくさんの方にいらして頂きたいと思います。

ご興味のある方、ご質問のある方、ご予約をされたい方は、
rainbow-garden@live.jpへお問い合わせください。
ただし、11/4~6は、臨時休業とさせて頂きますので、この間にご連絡頂いた分については、7日以降順次お返事をさせて頂きます。
悪しからず、ご了承くださいませ。

パワフル!グリーンスムージー講座

10月29日(土)に開催される、

「パワフル!グリーンスムージー講座」

その中で、心のデトックス&サポートということで、毎回1色ずつ取り上げて「色」を生活の中に取り入れる方法をレクチャーさせて頂いております。

今回のテーマは、「オレンジ」

オレンジといえば、ビタミンカラーでもありますし、身体の細胞を活発に動かしてくれ、エネルギーを廻してくれる効果がある色とも言われています。

そんなオレンジ色をどんな風に生活の中に取り入れていくと、パワーアップするのか?
色に秘められた秘密をお伝えしていきます。

毎回、その色の意味がかかれた5種類の色彩カード引いて頂きます。
選んだ方がオレンジ色からどんなテーマを受け取るのか?興味津々
そのカードを元に、ショートアドバイスも致します。

ビタミンカラーでもあり、感情とも繋がっているオレンジ。
どんなメッセージが届くでしょうか?
ご興味のある方は、日にちが迫っておりますが、ぜひご参加くださいませ。

もちろん、メインはグリーンスムージーの講座ですから、
何故、スムージーが身体にいいのか?栄養学の理論を取り入れながら、ローフードスクールATTIVA校長の秋葉睦美先生が、丁寧にレクチャーして下さいます。
そして、その場で作ったスムージーや酵素ジュースなどの試飲も出来ます


日時…10月29日(土) 10:00~11:30(受付)
会場…ローフードレストランManna
http://www.mannafest.jp/

講師…ATTIVAローフードスクール校長&Manna代表 秋葉 睦美
    レインボーガーデン代表 篠原 由香

参加費…3,500円(おみやげ付)

特典…講座終了後、Mannaのランチ*ご予約の方は、参加費3,000円となります。
*ランチ代は別途かかります。
(ランチコースは、1,890円~3,000円まで)
定員…10名様(要予約)

明日(28日)の17時までご予約を受け付けます。
お申込み先…ローフードレストランManna

講座代は、当日レジにてお支払い下さい。

食欲を抑えるアロマの香り

もうね、この前の「二重あご」披露事件から、もうダイエットが最重要テーマになっちゃいましたよ

よく考えてみると、自分だけがこの現実を見ていないだけで、私と会う人には、この二重あご披露し続けてるのよね…ということに今更ながらに気づく

わかっちゃいたけれど、こーやって現実をつきつけられたからには、「ダイエットしなくちゃ」という気持ちが湧いてきました。
そういう意味では、あの記事の掲載もYoutubeアップもありがたいことだったわけです

…という訳で、食欲を抑えるアロマテラピーを実践。

夕方になると、お腹がすく時間ってありますよね?
そんな時に、「ちょっとだけならいいか~」とお菓子を食べていたのを、アロマの香りを嗅ぐことに変更

パチュリとグレープフルーツのブレンド。
パチュリのベースノートの香りが強いので、グレープフルーツかなり負けちゃう感があるのですが、重たい土臭いパチュリの香りの横で、ほのかな柑橘系の香りがしてくるのがちょうどいい。

パチュリは、とても重たい香りなのですが、私は基本的に好きな香りでもあります。
空腹時にこの重たい香りは、Goodですね
お腹の底にどーんとくる感じで、

「何か食べ物ちょーだい!!」
…と、必死に訴えていた胃が、

「あっ、これでもいいです
…とご機嫌をなだめてくれる感じ?

おかげで、サンフランシスコで大量に買って来たチョコレートに手を出すこともなく、間食せずにすみました
なかなか効果的だと思います。

ババリア地方の精油たち

サンフランシスコに行く前に、セドナの精油をご紹介しましたが、今日はぐるりと地球を回った感じで、ドイツのババリア地方(バイエルン)の精油たち。

ドイツもフランスと並んで、「メディカルユース」の精油を作る国。
なので、品質へのこだわりはハンパではありません。

植物の中に含まれている成分をなるべく壊さないように抽出することに命をかけている博士たちがいらっしゃる、心強い国。

ドイツの薬局では、5割近くはナチュラルメディシン(自然薬)が販売されているようです。
エッセンシャルオイル、フラワーレメディ、ハーブ、漢方などがたくさん見かけられるようです。
台湾、中国、韓国などを旅行すると、漢方薬局がありますが、そんな感じなのかしら?

今回のババリア地方の報告会で伺ったお話でビックリしたのが、ドイツの蒸留法です。
フランスもメディカルユースの精油をたくさん作りだしている国ですが、ドイツの最先端の技術とは相当違うようです。

ぶっちゃけ簡単に、簡単に説明すると、
フランスはコトコトと時間をかけてゆっくり煮込むタイプのお料理と同じく、従来の蒸留法で、熟練の技を駆使し、じっくりと時間をかけて蒸留する国。

ドイツは、圧力鍋で時間短縮で一気に美味しくお料理を作るような感じで、圧力を変えて短時間でエッセンシャルオイルを蒸留する国。

こんな説明じゃ怒られちゃうけれど、噛み砕いていうとこんな感じをイメージして頂くといいかと

また、高品質のエッセンシャルオイルを作るためのこだわりがすごい。
セドナのエッセンシャルオイルは、その土地のエネルギーが取り込まれている感じで、すごくパワフル(さすが、世界有数のパワースポットです

ドイツは、ドイツ人の気質が反映されているような、技術も去ることながら、栽培にかける情熱が違う感じを受けました。
そして、その「思い」が込められたエッセンシャルオイルは、やっぱり「思い」ごと入る!
ただ、産業・商業として大量生産するものよりも、植物自体の生命力に、生産者の愛情が加わり何とも温かい。

こういうエッセンシャルオイルに出会えた時、アロマテラピーをやっている自分がとても幸せに思えます。

植物の魂、人の心を繋いでくれるエッセンシャルオイル。
まもなく、レインボーガーデンにも入荷してきます。

今回開催されている、アロマテラピー初級コース並びに、11月8日から開催されるコースでは、どんどんご説明していきますね。

11月8日(火)から始まるコースは、ゆったり学べる月1コース。
通常は、2週間に1回のペースで学びますが、レインボーガーデンでは、生徒さんのご要望にこたえ、ゆっくりと学べる月1コースも開催しています。
2回目以降は、みなさんのスケジュールを調整して開催日を決定します。
ゆったりペースで学びたい方、ぜひこの機会にご参加下さいませ。

1回目…11月8日(火) 10:30~13:00
全4回コースです。

受講料…24,000円

場所…レインボーガーデン(練馬区貫井/西武池袋線中村橋 徒歩7分)

参加ご希望の方やお問い合わせは、rainbow-garden@live.jpへご連絡下さい。

give me 肖像権!!

私にも、肖像権を~
…と切実な問題になっています

着付け教室の2年に一度のビックイベントから、無事に帰国
今回も充実感&達成感に溢れて大満足で帰ってきたのに…。
恐ろしいものが待っていた。。。

サンフランシスコ州立大学で開催された、着物ショー&文化交流会。
立ち見も出るほどの大盛況
日本人より、日本文化に興味があるか?という大学生がたくさん集まってくれました。
今回は、花魁や花嫁、帯結びの実演と見どころがいっぱいあるショー。

前回のバンクーバーでは、花嫁のモデルと言う暴挙に出た私
さすがに、これ犯罪よねってことで、今回は、先生が帯結びをされる人体モデルとして出演。

4m以上ある帯をいったん広げて長さを見せてから先生が早業で飾り帯を結ぶんですが、ほんの3分くらいで仕上げてしまうので、観客のみなさんはまるで手品を見ているよう。
目が点になっていました。
それが、とっても印象的だったのでしょう。

ショーや交流会、準備段階の様子が大学の情報紙に掲載されたんですが、その帯結びの際の人体役の私がものすごい二重あごで映っている
何でそんなに下から撮るのさ~…というくらい下からのショット。
しかも帯を結んでいる様子はイマイチわかんない画像。
意味ないじゃん
私に、肖像権をおくれ~!!!

本来なら「見て見て~」と大はしゃぎなはずなのに…。
みなさまにはご紹介したくない
…痛恨であります。

日ごろからダイエット心掛けていなかった自分を悔やむ。


そんなわけで、何とか気を取り直さねば…。
今回はショーの前に訪れたナパ・バレーのワイン畑の風景画像を載せてお茶を濁します。
Napa2
車窓から見た、ワイン畑。
何だか、プロヴァンスを思い出すなぁ。


Napa1
私たちが泊ったワイナリーホテルのブドウ畑。

ホテルのテラス席からみたブドウ畑。
Napa3

サンフランシスコ対策!超保湿のハンドクリーム

明日から、20日までサンフランシスコに行って来ます

サンフランシスコの気温を調べたら、検索した日によって全然情報が違う
先日見たら、18日あたりは、最低気温が「9℃」と表示されていたのに、今朝は「16℃」
どーなってんだ??

一時は、ダウンコートでも持って行くか?くらいの非常事態宣言をしていたのですが、撤回打って変わって、快適な気候かもと心が少しウキっとしたのもつかの間、温度の下段に書いてある「湿度」欄を見て、ビックリ 何と、22%という文字が…(この文字も、今朝は60%に変わってたんだけど…

ちょっとワールドウェザーの情報は、眉つばだなぁと思いつつも、備えだけは必要だわってことで、旅行前の超バタバタしている中、今日はハンドクリームを作りました

いつも講座で作るハンドクリームは、シアバターを使っているのですが、今回はエジプトツアーの時にゲットした、ジャスミンwaxも使用。

ジャスミン摘みと言えば、これ↓
1
物も言わずに、真剣にお花を摘んで1時間半。
わずかに100gしか摘めなかったというあのジャスミンです。

WAXは、これ↓
Wax
こんなぼろっちい缶に入っていますが、ジャスミンの濃厚なお花の香りでまわりはむせかえるよう。

このジャスミンwaxとシアバターを半々にして作ってみました
エッセンシャルオイルも、保湿に良いものを何種類か入れたのですが、こんな香り市販のハンドクリームでは絶対に出会えない

今日作ったのは、ちょっと固めのハンドクリームで、微妙に軟膏のような感じになっちゃったけど、めげないのだっ

湿度22%から、自分を守るためにはこのくらいのしっとり感は必要なのよ
…と、ご満悦

さて、どの程度の防御になるか???
結果報告をお楽しみに!

配合を変えて、冬には、ハンドクリーム講座で、このジャスミンwax使いますので、そちらもお楽しみに~

セドナからの贈り物

セドナと言えば、「スピリチュアルな町」として、あまりにも有名なところ。

古くからネイティブ・アメリカンの聖地であり、近年ではボルテックスと呼ばれるパワースポットが点在する「癒しの町」、「スピリチュアルな町」として人気の場所です。

今回はその「セドナ」の精霊たちからの贈り物とも言える、エッセンシャルオイルが日本に上陸してきました。

昨日は、そのラインナップの説明会があったので、いそいそと参加。
私としては、「セドナ」という名前はもちろん知っていましたが、アメリカのパワースポットよりも、まずは日本のパワースポットに行かなくちゃと思っていたので、興味の対象外だったのですが、昨日でテンションが上がりました

聖地で生まれ育っている植物のパワー、そしてその植物に敬意をはらいながら、採取し、蒸留する、蒸留者の思いがいっぱいこもっている、「魂で感じる精油」だと直感的に思いました。

今回何と言っても、すごいのは、

ホワイト・セージのエッセンシャルオイル

ホワイト・セージは、浄化アイテムとして、最強と言っても過言ではないのでは?…というくらい浄化力が強いです。
乾燥した葉っぱのホワイト・セージは、よくパワーストーンの浄化に使いますよね。
それが、何とエッセンシャルオイルで、おそらく初上陸だと思われます。

パワーストーンの浄化だけではなく、場の浄化、気の浄化としてもとても良いと思われます。
自分で、「ネガティブ」だと感じてしまった感情を手放すのには、いいですね。

ホワイトセージの独特の香りがちょっと苦手な私は、同じシソ科のエッセンシャルオイルとブレンドして使おうと思います。

ちなみに、お値段は、1ml 2,520円(税込)です。

その他にオススメしたいのが、

ワンシード・ジュニパー

このエッセンシャルオイルで、セミナーに参加したみなさんで瞑想をしてみたのですが、みなさん似たようなイメージを持たれているのがおもしろかったです。
さすが、聖地から来たエッセンシャルオイル。スピリチュアル度が高い

ちなみに、私は色でも感じることが出来ました。
白→赤→マゼンタと色のイメージが変わっていったのですが、白の次に強烈なが出てきたので、自分としてもビックリ。

ジュニパーも浄化には優れているエッセンシャルオイルの1つなので、白のイメージはよくわかるのですが、赤…。
あとで、テキストを読み返したら、根がとても深く伸び、60mもの深さに到達するものもあるとか。セドナは乾いた土地ですから、水を吸収するために、どこまでも根を伸ばす、生命力の強さをで感じたのかもしれません。

その後に浮かんできたのが、これまた鮮やかなマゼンタ。
ここからは、ワインをイメージし、「熟成」というキーワードが浮かんできました。
私は、大きな樽の中に入ったワイン。
これは、来週ナパバレーに行くからか?
ちょっと単純すぎるぞ、私…

でも、自分がやっていること、じっくりと時間をかけて熟成させることも大切だということを、このワンシード・ジュニパーが教えてくれているような気がします。
セドナの精霊たちからのメッセージ、しかと受け止め、周りの時間の流れに惑わされずに、自分の時間軸を大切にしていきたいと思いました。

そんなことを感じさせてくれたので、このエッセンシャルオイルもオススメです。
みなさまには、どんなメッセージが届くでしょうか?

ちなみに、こちらは、5ml 2,940円(税込)

今週末からサンフランシスコに遠征するため、ご質問は今日から承りますが、ご注文は帰国後になります。

日本は、カラフルな国

先日、でそんな特集をしていました。

日本にいる外国人の方々に、日本の印象を聞いたところ、



という答えが返ってきたんだとか。
地下鉄やJRの色が路線ごとに違うとか、バスの色、TAXIの色、街の看板などなど。

そーなんだ。
私たち日本人は、見慣れているから、特段それが「カラフル」には結びつかなかったけれど、他の国ってそんなに色がないという印象はないんだけれど…。

あっ…。
「カラフル」についてあれこれ考えていたら、このような国に行ったことを思い出しました。
Eg1_2
これは、カイロです。
本当に、単色だった…。
あまりに、日本人の私の感覚的には、違和感を感じたので、写真を撮ってみたんだと思います。
街の景観を統一するなど、何かの規定でもあるのかしら?
エジプトは、そのほか古代遺跡も、砂漠もこんな感じの色ばかりだったので、確かに「色」が恋しくなった記憶が…。
うん、正確に言うと、恋しいどころか色欠乏症で、感覚的なものがちょっと狂ってきていたかもしれません。

お花とかも砂漠だとあんまり咲いてないし、緑と言っても、これまた砂漠だし
砂漠の中を移動中に寄ったサービスエリアみたいなところのお花に心癒されました。
Photo


それは、いいとして、そのほかにも「色と形」でどちらを優先して認知するか?…というテストもしていました。

のマークと色について。
トイレ表示などでよくみかけますね。
これを逆にして、男性を赤女性を青で表示したところ、「色」で判断して間違えて入って来る人が9割程度いらっしゃいました。

間違えた方たちに伺うと、「色」を見てマークを確認しなかったというこたえが。
カラーセラピストの私は、テレビの画面にかぶりつきですよ

そうか色ってそんなに優先順位高いんだ
それなら、やっぱり色の意味を知って、行動に活かせたら、
人生が何倍も華やかに、充実することが出来るじゃない

今年は、そんなわけで年末に向けて、「色」のイベントやっていきますよ~。
お楽しみに

ちなみに、私の遊び心をふるわせてくれる
のは、こんな感じ
Fr1
かわいいでしょ
これぞ、

« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

他のアカウント

無料ブログはココログ