フォト

最近のトラックバック

« give me 肖像権!! | トップページ | 食欲を抑えるアロマの香り »

ババリア地方の精油たち

サンフランシスコに行く前に、セドナの精油をご紹介しましたが、今日はぐるりと地球を回った感じで、ドイツのババリア地方(バイエルン)の精油たち。

ドイツもフランスと並んで、「メディカルユース」の精油を作る国。
なので、品質へのこだわりはハンパではありません。

植物の中に含まれている成分をなるべく壊さないように抽出することに命をかけている博士たちがいらっしゃる、心強い国。

ドイツの薬局では、5割近くはナチュラルメディシン(自然薬)が販売されているようです。
エッセンシャルオイル、フラワーレメディ、ハーブ、漢方などがたくさん見かけられるようです。
台湾、中国、韓国などを旅行すると、漢方薬局がありますが、そんな感じなのかしら?

今回のババリア地方の報告会で伺ったお話でビックリしたのが、ドイツの蒸留法です。
フランスもメディカルユースの精油をたくさん作りだしている国ですが、ドイツの最先端の技術とは相当違うようです。

ぶっちゃけ簡単に、簡単に説明すると、
フランスはコトコトと時間をかけてゆっくり煮込むタイプのお料理と同じく、従来の蒸留法で、熟練の技を駆使し、じっくりと時間をかけて蒸留する国。

ドイツは、圧力鍋で時間短縮で一気に美味しくお料理を作るような感じで、圧力を変えて短時間でエッセンシャルオイルを蒸留する国。

こんな説明じゃ怒られちゃうけれど、噛み砕いていうとこんな感じをイメージして頂くといいかと

また、高品質のエッセンシャルオイルを作るためのこだわりがすごい。
セドナのエッセンシャルオイルは、その土地のエネルギーが取り込まれている感じで、すごくパワフル(さすが、世界有数のパワースポットです

ドイツは、ドイツ人の気質が反映されているような、技術も去ることながら、栽培にかける情熱が違う感じを受けました。
そして、その「思い」が込められたエッセンシャルオイルは、やっぱり「思い」ごと入る!
ただ、産業・商業として大量生産するものよりも、植物自体の生命力に、生産者の愛情が加わり何とも温かい。

こういうエッセンシャルオイルに出会えた時、アロマテラピーをやっている自分がとても幸せに思えます。

植物の魂、人の心を繋いでくれるエッセンシャルオイル。
まもなく、レインボーガーデンにも入荷してきます。

今回開催されている、アロマテラピー初級コース並びに、11月8日から開催されるコースでは、どんどんご説明していきますね。

11月8日(火)から始まるコースは、ゆったり学べる月1コース。
通常は、2週間に1回のペースで学びますが、レインボーガーデンでは、生徒さんのご要望にこたえ、ゆっくりと学べる月1コースも開催しています。
2回目以降は、みなさんのスケジュールを調整して開催日を決定します。
ゆったりペースで学びたい方、ぜひこの機会にご参加下さいませ。

1回目…11月8日(火) 10:30~13:00
全4回コースです。

受講料…24,000円

場所…レインボーガーデン(練馬区貫井/西武池袋線中村橋 徒歩7分)

参加ご希望の方やお問い合わせは、rainbow-garden@live.jpへご連絡下さい。

« give me 肖像権!! | トップページ | 食欲を抑えるアロマの香り »

アロマテラピー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« give me 肖像権!! | トップページ | 食欲を抑えるアロマの香り »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

他のアカウント

無料ブログはココログ