フォト

最近のトラックバック

« 花粉症対策-目のケア編 | トップページ | もしかして、グリーンスムージー効果?vol.4 »

固定観念の枠をはずす@新宿区倫理法人会

昨日は、毎週日曜日の早朝に行われている、新宿区倫理法人会のモーニングセミナーに参加してきました。

朝7:00~の開催のため、なかなか足を運ぶことが出来ないヘタレな私
昨日は、意を決して参加。無事に5時に飛び起きることが出来ました。

今回後講話をされたのが水墨画家 中野素芳氏。

私の固定観念を、が落ちたかのように一瞬で変えて下さった方。

まずは、「水墨画」
私は、よく美術館などに絵画を見に行くんですが、「水墨画」はあまり興味がなかったの。
それは、あまりにも私にとって「」だったから。

でも、その固定観念が見事にひっくり返されたんである。
躍動であり、魂の表現であり、挑戦でもある。
描かれた絵が、生きている。
黒と白と灰色しかない世界の中で、見事に見る人の心を動かす。
絵ごころの無い私は、色を頼りに「絵」の完成度を上げようとするが、塗るのは黒だけ。
そこに確実に「命」が吹きこまれる。

この先生の真骨頂は、畳50畳くらいのところに、バスタオルのようなものを道具に、龍などの絵を描かれるんである。
まさに魂がこもり、命のすべてをかけたかのような作品。
平面の紙に描くんだけれど、もはやそこを飛び出して、空間芸術という領域らしい。

モーニングセミナーの後のアフターのお茶会の時に一緒に撮影して下さった先生。
2012031809470000
こんな穏やかな表情をなさる先生の、どこにそんなパワーが秘められているのか…。

そして、この水墨画を始めたのが、45歳くらいの頃。
看護師さんのお仕事をされていらしたので、それまでとはほとんど無縁の世界。
そこに飛びこまれたんである。

45歳…新しいことを始めるには、少し…いや、かなり遅い年齢と考え、二の足を踏んでしまったり、あきらめてしまったりする年代。
そこからのスタート。今も世界各地で展覧会を行っていらして、まさに現役バリバリ。
先生は、「何かを始めるには、年は関係ない」とおっしゃる。
こうして、それを体現なさっている方のお言葉は、本当に強いし、説得力がある。

何かに理由をつけて、スタートを切らなかったことを後悔しないよう、私も新たなことにもチャレンジしようと改めて思わせて下さった。

そして、もう1つ。
モーニングセミナーの後、みなさんと色々なことをさっくばらんにお話させて頂ける貴重な時間。

その時にも、また固定観念の枠をはずすお言葉が。

これは、同席したKさんのお話の中で感じたこと。
昨日のKさんと会話をさせて頂いている時までは、
「誰と話すか?」が自分を高めるポイントだと思っていた部分がある。
これってよく考えると、すごいエゴのような。

「誰と話すか?」ではなく、「何を話すか?」が大切だと気づかされました。
Kさん、大切な気づきを与えて下さってありがとうございます。

このようなたくさんの気づきと、固定観念の枠をはずしてくれるような体験が出来た貴重な朝でした。

やっぱり早起きして良かった
クマも冬眠から覚める頃だし、私ももう少しテンポ良く、参加しようと思います。

2012031806540000
昨日の新宿の朝は、こんな春霞がかかった、まさに水墨画のような世界。
スカイツリーがばっちり見えた

« 花粉症対策-目のケア編 | トップページ | もしかして、グリーンスムージー効果?vol.4 »

学び」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 花粉症対策-目のケア編 | トップページ | もしかして、グリーンスムージー効果?vol.4 »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

他のアカウント

無料ブログはココログ