フォト

最近のトラックバック

« 【ご案内】第8回かぐらざか会議室 | トップページ | 【ご報告】第8回かぐらざか会議室 »

グラースへ行きたい!

私の中では、わりといつでも「南仏に行きたい!!」という気持ちはあるのですが、この本にはまってからは、グラースに行きたい!という気持ちがふつふつとわきあがってきました。

Jan
この本にはまった理由は…

宝塚歌劇団、星組特別公演で、9月に上演されるから
おいおい、本業のアロマじゃないのかよと突っ込まないでね(^^;

ベルばら世代の私にとっては、「マリーアントワネット」とタイトルにあるだけで飛び付き理由になるんだけれど、今回はマリーアントワネットの調香師ですからね
さらに、チェックポイントが高かったわけです。

読んでいくうちに、色々な香りのエッセンシャルオイルやフローラルウォーターの名前が飛び交っていて、思わず惹きこまれます。

マリー・アントワネットがお肌のために、ラベンダーウォーターや、オレンジフラワーウォーターを使っていたというお話がたびたび出てくるし、エッセンシャルオイルの名前もいっぱい

香りをイメージしながら、読み進めています。こういう五感を働かせながら読める本って楽しいですね。

でも、日本ではなかなか入手しがたいもの、聞いたことがないものがたくさんあるんです。
中でも欲しくなったのは、チュベローズ。
ローズとついているから、薔薇かと思いきや、すみれの一種らしい。
こんなかわいらしいお花です。
Photo
どんな可憐な香りがしてくるんだろう。
思いを馳せるだけでテンションがあがります。

そうなると、やっぱり香水の町、グラースに行くしかない!!
Grasse
ここは、2008年に訪れたグラースの香水会社。
とってもキレイだったんだけれど、時間がなくて駆け足でまわったので、今度はゆっくり散策したり、香水を作ったりしたいなぁ。

来年あたり行きたいな。

…と夢を膨らませつつ、昨日フランスからラベンダーウォーターが入ってきたので、まずはそれを使って気持ちだけフランスに持って行きます

« 【ご案内】第8回かぐらざか会議室 | トップページ | 【ご報告】第8回かぐらざか会議室 »

アロマテラピー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 【ご案内】第8回かぐらざか会議室 | トップページ | 【ご報告】第8回かぐらざか会議室 »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

他のアカウント

無料ブログはココログ