フォト

最近のトラックバック

« 嫌われるサロン作り | トップページ | 【ご案内】アロマテラピー1dayセミナー »

奇跡のクラークコレクション

先日、三菱一号館美術館で開催されている、「奇跡のクラークコレクション」に行って来ました。
2013030213160000

上野で開催されていた、「エル・グレコ」で、何か消化不良な私。
どーも、絵が好きじゃなかったらしいだって、顔色悪い絵なんだもん。

…で、気を取り直して、久しぶりに印象派を見に行ったわけです。
印象派は、時々大好きになったり、興味がなくなったりと、私の中では実に中途半端な位置づけ。

多分、その時の心理状況になにか反映しているんでしょう。
…で、今回は…。

素晴らしかった
私の中で、いったい何か変わったんだろう…。
ここ何年か、「印象派はつまらない」「な~んかパステル調は好きじゃない」と思っていたのに、今回はこの色調に癒された~。

2013030218210000_2 

…で、その結果、こんなにポストカードやら、クリアファイルやら買っちゃいました。

そんな位置づけの変わりやすい印象派の中にあって、いつ見てもわりと好きなのが、ピサロの点描画。
このタッチに、初めてルーブル美術館で見た時から、興味を持ち続けています。

その他にも、ルノワール、モネなどが今回のお気に入り

私の中で、何が変化したのか

色々な物事にずいぶん柔軟になっていたつもりなのに、「白黒」つけていたことをやっと認められたこと。

自分が「出来ている」と思いこんでいたことが、実はたいして「出来ていなかった」ということを受け入れたこと。

心がまだ硬いということに気がつき始めたということ。

この3つかなぁ。

書いてみたら、何だかとっても大きなことを受け入れたような…

印象派って、ほわほわ、ふわふわした感じで好きじゃない~。
…と思っていた時期がずっと続いていたと言うことは、そうなってはいけないと自分を縛り付けていたのかな。(白黒つけたいと思っていた私なら、ほわほわ感は嫌悪するわけだ

色々な、自分の状態にも気づけた1日でした。
心の状態で、絵の好みまで変わるなんて、自分でもちょっとビックリです

…んじゃ、「エル・グレコ」にも、何かメッセージがあるのかな。
どの絵も顔色が悪かったこと、天使を足で踏みつけている絵に憎悪感があったこと。

覚書しておこうっと。
何年か後にわかるかもね

« 嫌われるサロン作り | トップページ | 【ご案内】アロマテラピー1dayセミナー »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 嫌われるサロン作り | トップページ | 【ご案内】アロマテラピー1dayセミナー »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

他のアカウント

無料ブログはココログ